パル日記(月別一覧)

DSC_4331.jpg


7月の日曜祝日当番は
7月1日 古沢先生 7月8日二宮先生 7月15日二宮先生 
7月16日山本・宮本先生 7月22日古沢先生 7月29日二宮先生です。

日曜日に出勤された先生は、出勤した翌日の月曜日は代休になります。

※院長の公休日が土曜日に変更になりました。ご注意下さい{#emotions_dlg.149}

今月の獣医師のお休みは、公休日(火曜日:二宮、水曜日;宮本 木曜日;古沢、
金曜日;山本 土曜日;院長)の他に7月7日(土)と7月14日午後(土)古沢先生が
お休み
になります。
先日の土曜、日曜日、お休みを頂いて、有さんとマキと一緒に大阪であったセミナーに行ってきました。

(本当は院長が行かれるハズだったのですが、同じ日に福岡でもかなりいい整形外科のセミナーが
開催されていたので、院長はそちらに行かれていました{#emotions_dlg.159}


最近の大きなセミナーや学会の傾向ですが、看護師さん向けの内容の講義がとても増えてきたように思
えます。
今回のセミナーも血液学、行動学、神経学、歯科学、腎臓病学、腫瘍学、輸液学、消化器病学や
循環器学など、獣医さん顔負けの講義がぎっちり目白押しでした{#emotions_dlg.076}

看護師さん達の活躍を期待しています{#emotions_dlg.175}


P1040256.jpg


P1040255.jpg

セミナー会場の様子。
ここは一番大きい講義室です。この後、獣医さん達でぎっしりになりました。




P1040242.jpg
ここは最新機器や、処方食、医学書などの展示販売ブース。



↓ なぜかこのような飴を検査会社から頂きました。
リアル白血球飴です。昔、製薬会社からいただいた寄生虫ハンカチに迫る気色悪さです{#emotions_dlg.112}
P1040257.jpg


ふるふる

2012.06.27

成長記録[1]

最近じめじめしてますね(ーー;) 体調を壊しやすい時期なので飼い主様もお気をつけください!

 

さて、とっても可愛い子猫の瑠衣(ルイ)ちゃん、何という種類の猫ちゃんなのかお分かりですか?

                   20120624105833.JPG

 

 

 

答えは・・・マンチカンという種類なんです!

胴が長くて手足の少し短いとっても可愛い猫ちゃんなんですよ~!

まだまだ子猫ちゃんなので体重は1kg以下!両手のひらに乗るサイズなんですよ~(*^^*)

 

今後の成長が楽しみですね!

 

                                   アッキー

 


2012.06.23

雨の日

 

 



皆さんこんにちは!ハマーですLaughing

 

季節も梅雨に入って雨の日が続きますね。

 

自転車通勤の私には、かなり辛い季節ですCry

 

 

 

 

 

 




雨の降っている日にお散歩する場合は、

できるだけわんちゃんが濡れないよう

気をつけてあげましょう{#emotions_dlg.002}



わんちゃんたちの皮膚はデリケートです!!

濡れたまま放置していると

湿気から菌が繁殖し、皮膚病になってしまう可能性がありますSealed



少しでも濡れた場合は、ドライヤーなどで

しっかり乾かしてあげることが大切です{#emotions_dlg.028}

 

 

 

これからの季節は皮膚病も多くなってきます。

 

普段からの予防をしっかりしてあげましょう!!{#emotions_dlg.043}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、そんな雨の日に病院で保護しているウサギちゃんに

 

隠れる場所=ウサギちゃんの家

 

をマエダマッキー先輩とダンボールで作ったところ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


DSC_4506.JPG

 

 

 

不評でしたFrown

 

写真は名前をかいてあげたところ、

 

匂いが気になったらしく鼻をこすりつけたため

 

ペンがのびてしまいましたYell

 

 

 

 

 

ダンボールはウサギちゃんが噛んでしまい

 

間違って食べてしまう可能性もあるので、

 

小屋を入れてあげる場合には、

 

食べても大丈夫な素材で作られているものを買ってあげてください。

 

 

 

 

 

 

ハマーでした{#emotions_dlg.170}

 

 

 


DSC_3784.JPGDSC_3783.JPG


こんばんは~。河野です(^o^)

新しいお仲間さんが、来院されたので紹介させて下さい。

受付のカウンターの上で気持ち良さそうに眠っている この子はセリーヌちゃんです。

まだまだ、小さいのにこの度胸!!   すごいでしょ{#emotions_dlg.144}

この可愛い姿に 一目惚れ!です。 思わずカメラを向けちゃいました。


この子のこれからの成長を、楽しみに追っていきたいと思います。


皆さん、お楽しみに~(^_^)v           河野でした。


こんにちは!2度目の登場、宮本ですLaughing

 

今回は、長い入院期間を経て下痢の管理に成功したワンちゃんを紹介したいと思います。

DSC_4531.jpg

この子の病気は“潰瘍性組織球性大腸炎”といって、特定の犬種に発症が見られる難治性の

大腸の病気です。また、この子の場合は小腸にも軽い腸炎を起こしていました。

 

最初のころは黒い軟便で、出血もありました。

※うんこが苦手な方、お食事中の方はクリックお気をつけください。

20120623211650.jpg

 

薬と食事の変更(手作り食)で1~2週間後にはずいぶんいい便になりました。

DSC_3301.jpg

 

しかし、ここで終わりじゃありません!薬は副作用のことも考えて、減薬しなくちゃいけないし、

手作り食じゃ栄養成分(ミネラル、ビタミンなど)が足りない、などの問題を克服しなければなりません。

 

徐々に使っている薬の種類、量を減らして行き、この子に合ったドッグフードを探して試したところ、、

DSC_4506.jpg

かなりいい便になりました!!(黒いのはフードの色です。)

 

この病気は一生付き合っていかなければならないことがほとんどなので、いかに薬と食事での

コントロールをしていくかが重要です。今後、さらに薬を減らしていき、様子を見ていくということで、

久々に我が家に帰っていきましたLaughing

 

DSC_4524.jpg

ケンちゃん、おつかれさまー!!


ウサギや鳥、ハムスターやモルモットさんたちは、日頃よく診察している方なのですが、その子達以外の
エキゾチックアニマルは専門外なので、あまり診る機会が少ないです。

が、しかし、先日どうしてもこの子は手術してあげないといけないなぁという症例が…..



患者さんはフクロモモンガのさくらちゃん。

原因は分からないのですが、どこかでひっかけたか、自分で咬んだかしたらしく、右腕の皮膚が裂けて
筋肉が見えている状態でいらっしゃいました。

DSC_0544.jpg


DSC_1141.jpg

治療して治りかけてもまた傷が開いてしまうので、もう外科的処置をしてあげたほうがいいですよと
お話し、飼い主様も数日間悩まれたようですが、麻酔下で傷を縫合することになりました。


といっても、相手は手のひらの大きさぐらいしかないちっちゃいちっちゃいフクロモモンガちゃんです。

縫合する場所もよう見えんし…..というわけで、{#emotions_dlg.002}手術用顕微鏡{#emotions_dlg.002}の登場です!

DSC_1271.jpg
さくらちゃんがどこにいるかお分かりでしょうか?
私と看護師さん、みんなの白い手袋にかこまれた中にいます(ここからは見えませんが)





DSC_1284.jpg
手術部位を拡大すると、こんな感じ。

真ん中ぐらいに見えてる、細いキラキラしている透明なのが、さくらちゃんの傷を縫う縫合糸です。
髪の毛よりちょっと細いぐらいの糸なので、肉眼ではたいへんみにくいのですが、手術用顕微鏡があると
糸、針、さくらちゃんが実物の20倍ぐらいに拡大されて見えるのでとっても助かります{#emotions_dlg.156}


DSC_1289.jpg

手術終了!

後は麻酔が醒めるのを待って、お家に帰っていただきます。



…..実はこの後も、せっかく縫った術創をかじったりとかして大変だったのですが、この間、ようやく治療終了
することができました。

実は、フクロモモンガのケガの原因のほとんどが、寂しくて自分をかじってしまってなるといわれています。

もともと、この子達は仲間や家族と大勢でにぎやかに暮らすのが好きな生物なので、一匹で飼育するの
には向いていないのです。


さくらちゃんも手術後、もう一匹、ももんがの旦那様{#emotions_dlg.157}をかってもらって一緒に暮らすようになってからは
落ち着いて傷をかじることもなくなったので、たぶん寂しかったのでしょう…..


どうぞ、お幸せに{#emotions_dlg.156} ふるふる

2012.06.17

梅雨入り

最近、蒸し暑くなってきましたね。この季節は、一年間で最も外耳炎や皮膚病の
増える時期でもあります。
理由は、病気の原因になっている菌の過ごしやすい環境になってしまっているからです。
高温、多湿。これは、菌の最も好む環境で、繁殖スピードも加速します。
飼い主さんとしては、その異常に素早く気づいてあげることが大切です。
その変化は、匂い痒み汚れです。この様子に注意して気になることがあれば、早めに
ご受診下さい。
外耳炎を起こすものとして、細菌性、マラセチア性、耳ダニ感染、アトピー性、腫瘍性等です。
検査で検出される一部を下にあげておきます。
                                                                                                   二宮
mimidani.jpg

marasetia.jpg
6月23日(土)・24日(日)は、古沢先生が急遽学会出席の為、公休日
になります

みなさまにはご迷惑おかけいたしますが、よろしくお願いします。



もう夏ですね~ 笑  去年の写真が懐かしいです{#emotions_dlg.045}
DSC_0730.jpg

こんにちは!最近暑くなってきて汗だく状態の井手本ですCry



もう、夏が近づいてきてきましたね{#emotions_dlg.028}
日中にお外に出ると暑くてたまらないですよねSurprised{#emotions_dlg.060}




ワンちゃんたちは人より暑がりなため、

できるだけ日中のお散歩はさけましょうね{#emotions_dlg.062}



そして、たれ耳のわんちゃん達はどうしても

お耳の中が蒸れてしまって悪くなってしまいますCry

なので、こまめなチェックをしてあげましょうねWink{#emotions_dlg.059}



パルのたれ耳さんのぶっちゃんとキララ{#emotions_dlg.175}


DSC_3982.jpg


ぶっちゃんのお耳チェックSmile{#emotions_dlg.063}

DSC_3985.jpg

可愛い~{#emotions_dlg.156}って思うのは私だけでしょうか{#emotions_dlg.152}

近くにいた大浦さんとモノちゃんをパシャリ{#emotions_dlg.080}{#emotions_dlg.001}

DSC_3979.jpg

そして、ウサギさんにベタ惚れの大浦さんLaughing{#emotions_dlg.080}

DSC_4322.jpg

ポケットサイズなんて可愛いすぎですよね{#emotions_dlg.157}

大きくなるのが毎日楽しみですKiss{#emotions_dlg.001}

いでもっちゃん{#emotions_dlg.158}