パル日記(月別一覧)

こんにちは、最近かなり冷え込んできましたね・・・!
皆様、体調にはお気をつけて下さい!・・・と言いつつ私はしっかり風邪を引いてしまいましたSealed


今回は最近迎え入れた新しい家族がやってくれました(><;)

ヨーキーのモアナ、10月生まれなのでまだまだおこちゃまでお転婆すぎて
他の家族も手を焼きっぱなしです。

毎朝食事の準備をしていると「ちょうだい!ちょうだい!」とばかりに跳ねて
その後べろっと吐いてしまいました。
お腹の空き過ぎかと思いきや、吐物の中に見えるピンク色!?
出血かと思い慌てて確認するとなんと、ケージに入れていたおもちゃのボールのかけらでした。
ちょっと噛んだくらいで壊れる物ではないので、まさか食いちぎって食べるとは・・・!

20140127230913.JPG

ボールの三分の一くらいは食べてました。
幸い小さく噛みちぎって食べたので、今のところ消化管内に詰まる事なく
便に出てくれましたが・・・

20140127230952.JPG

この子たちの腸は割り箸より細いんですYell
いくつかはまだお腹にあるかもしれませんが・・・

看護師にあるまじき失態でした・・・Cry
やっぱりワンちゃんは「まさか・・・!?」な事をやってくれます。
改めて油断ならないと認識いたしました。

皆様も気をつけてくださいね・・・!

20131220115220.jpeg


アッキー


こんにちは渡邉です。
この時期朝起きるのがつらいですInnocent

今回は前回予告したように
ドライアイ•涙量が少ない事により引き起こされる眼疾患について話していこうと思います!

タイトルにあるようにKCSという代表的な眼疾患があります。
この病気は涙が少ない、または涙の量が不安定な状態(涙の量が一定ではない状態)
になる事によって引き起こされる病気ですSurprised

人ではドライアイとして広く知られていますが
動物達ではさらに重症で炎症を伴うことが多く乾性角結膜炎(KCS)と呼ばれます。

では、具体的にKCSでどんな症状が見られるのか?
•目が開きにくいショボショボしている。
•瞬膜が出てくる。
•ネバネバ、カサカサした目やにが多い。
•白目が赤くなる(充血)。
上の症状は初期〜中期のものです{#emotions_dlg.005}

そして、怖いのが放っておいたり気づかなかった場合に
どんどん進行していくと…
血管新生(目を治そうとしたり栄養を送ろうとして血管が伸びてくる事)
により色素沈着が起こります。
これにより角膜全体を覆ってしまうとずっと目にサングラスをかけている状態になりますCool
この状態にまで陥ると視野を失ってしまいます。
DSC_0558.JPG
上の画像は血管新生がおこり色素沈着してしまった子の写真です。

大事なのは、こうなってしまう前に
涙量の調節と角膜の保護を早めに行ってできるだけ視野を残してあげる事です!!

また、乾燥していると刺激を受けやすく
充血や目の周囲の皮膚炎も起こしやすくなっています。
早め早めにケアをしてあげる事で日常を快適に過ごせるようになります{#emotions_dlg.028}

目による疾患で視野・視力が低下すれば
ワンちゃん・ネコちゃん達のQOL(生活の質)も同時に低下します。
今のままの生活を維持してあげるためにも
ちょっとした変化を放っておかずに早めに対処してあげましょうSmile


この疾患は特に短頭種や目の大きい子に多い症状になります。
うちの子大丈夫かな?と心配な方は一度訪ねてみて下さい!
当院には眼科専門の先生もおられるのでぜひ声をかけてみて下さい!

ではこの辺で渡邉でした。

2014.01.29

血漿輸血

輸血って聞いた事ありますか?{#emotions_dlg.037}

貧血がひどかったり、出血が多くみられる時に血液を補給することですが、人の場合その為に
必要な血液を献血等でストックしていますよね。

当院では、献血をしてくれる動物から新鮮血を必要な場合に採血していくようにしています。{#emotions_dlg.172}

しかし、輸血が必要なのは出血が多くみられる時や貧血が進行したときだけではありません。
自分の止血機能が低下している場合も、いずれ命に関わる出血を起こしてしまう可能性が
大きいため、止血に必要な成分を補う為の輸血が必要になります。
その時に、貧血が進行していれば、全血輸血が望ましいですが、貧血が病的にみられず、止血機能
だけが低下している時には、その成分を含む血液の血漿といわれる部分だけを輸血することがあります。

止血機能が低下してくるのは、その子の持っている疾患に関わっていることが多く、止血に必要な成分を
不足していたり、重度の炎症や感染で二次的に損失してしまったりと、様々な状況で起こりえます。
このような場合には、血液凝固機能を測定し、機能低下が確認された時はこれらを補うために輸血を
行います。
DSC_0597.JPGDSC_0601.JPG


血漿輸血用の血漿を作成するには、作業時間が少しかかります。
そこで当院では、必要な時に即座に対応できるように、定期的に血漿輸血用の血漿を準備しています。{#emotions_dlg.170}
DSC_0604.JPG
遠心分離して血漿を採取した所です。

人の成分献血みたいなものですね。{#emotions_dlg.161}
まえだ

こんにちは!大浦です{#emotions_dlg.099}
最近、暖かい日が感じられる気候になってきましたね{#emotions_dlg.028}
春も目の前{#emotions_dlg.044} 待ち遠しいですね{#emotions_dlg.062}
先日、天気が良かった日の夕暮は空も綺麗でしたよ{#emotions_dlg.059}

20140129075921.jpg
私、こう見えて景色撮るの趣味なんです{#emotions_dlg.003}


さて、今回のテーマは『耳』!! やはり悩まれておられる方が多いです{#emotions_dlg.109}
今回は耳について各パートに分けて書いていこうと思います。

  • パート1 『耳の構造』
パート2 『実際の外耳道の様子・耳垢検査』
パート3 『ご自宅でのお耳ケアの方法』


ですので、本日はまず耳の構造のお話ですね!

耳が悪い時、飼い主様が先ずご自宅で気づく症状が、
耳がかゆそう! 耳が臭う! 頭を振る!
耳が赤い! 耳の周辺触ると嫌がる!等々。

私の実家にいるミニチュアダックスの愛犬:龍美君も実はお耳が悪いんですYell
…話はそれますが、ちょっと…龍美を紹介してもよろしいですか? ちょっとだけ{#emotions_dlg.108}

20140129080307.jpg
龍美です!寝顔最高に不細工なんです{#emotions_dlg.098}

ありがとうございました!
では話を戻しますSmile
先ずはこちらの画像をご覧ください。

20140129082908.png
耳は大きく分けると 外耳 中耳 内耳 の三つの部分からなります。

外耳:耳介・外耳道(垂直耳道と水平耳道) ※ちなみに人は水平耳道のみです。
中耳:鼓膜を境に鼓室・耳小骨・耳管
内耳:蝸牛(かぎゅう)・三半規管・耳石器からそれに連なる神経

人よりも形がちょっと違いますね。 耳道はL字型をしています。
耳介は集音機能を高めるために発達しています。
ちなみにウサギやゾウはこの耳介部分で体温の発散をしている事をご存じでしたか?

そして犬は人間よりも聴覚が良いことは一般的に知られていますが
猫は犬より更に聴覚が良いんです。(約2倍くらい・特に高い音)
聴覚の良さをイメージするのは難しいですが、日頃私たちが全く聴こえていない遠くの音が
聴こえていたり、いち早く天候の変化(雨や雷)を察知したりできるんですね。
犬種によっては400メートル先で落とした物の音が聴こえてしまう。らしいです(イメージ湧きませんね)
寝ている時も聴覚は敏感に働いているので物音で耳が動いたり直ぐ目を覚ましたりできます。

また愛犬の話ですが…
龍美が寝てる!よし、今の内にアイス食べようかなっと冷蔵庫に向かった時は爆睡しているのに
ゆっくり、音を立てないようにどんなに最善の注意を払っても、気付けばもう後ろでおねだりをしている…Surprised
なんてことはいつもありますInnocentお恥ずかしい…。

話を戻します{#emotions_dlg.133}
なので、これほど聴覚が発達していると性格によっては雷の音や花火の音など大きな音で
パニックになってしまう子もいます。

音の話ばかりしましたが、耳には他にも働きがあるのですが話が
簡単にいろいろ含めてまとめると…{#emotions_dlg.150}

音を聴き取る働きと平衡(体のバランス)を保つ働きをしている。っという事が言えます。

内耳は特に平衡感覚の働きをしていますので、片方の内耳が冒されるだけで
運動失調(体の姿勢やバランスを保てない)や斜頸(顔が斜めに傾く)や
顔面神経麻痺(例えば唇が垂れ下がる、目元が下がる、食べ方がおかしい等)
の症状が発現することがあります。

お耳がかゆそうだな…でも、もう少し様子を見ようかなっと思いがちですが
外耳炎が悪化し炎症が広がると治療にも時間がかかりますし、外耳道が腫れて空間が狭くなると
場合によっては外耳道切開(垂直耳道部分を手術で開く)が必要な程、治療が困難になる事もしばしば…。

更に更に鼓膜を気付つけるなどして中耳にまで達し、
症状が悪化すると内耳にまで広がっていきます。
ここまで進行する事は滅多にはありませんが、そうなると聴覚や平衡感覚に
障害が出てきますので、やはり治療を早めにしてあげることが
大事になってきます{#emotions_dlg.005}{#emotions_dlg.001}

では、次回はいつも獣医師が手に持って耳を覗いているあの道具
実際どんな様子で見えているのか。
そして、耳垢の検査の様子や治療方法などお話致します。
お楽しみに!!
大浦{#emotions_dlg.100}

おまけ写真です。
20140129104208.jpg
先日、実家に帰った際、ナマコを調理中、サスケが興味津々に近寄ってきて
ずーっとこんな感じでナマコを狙っていました。みなさん、ナマコは好きですか?
私は大好物です!{#emotions_dlg.126}



こんにちは  河野です。

今年も皆様 どうぞよろしくお願い致します。


当院では、整形外科手術(膝蓋骨脱臼・股関節脱臼・椎間板ヘルニア等)を行う事が多いので、

リハビリテーションにも力を入れています。

リハビリを主に担当してくれている宮本先生が 色々なセミナーなどに参加して

新しくリハビリ運動を取り入れています。

簡単ではありますが紹介させて下さい。

○バランスディスク・ドーナツ(初級〜中級)

バランス感覚の改善・体幹強化に有効
・固有位置感覚の訓練
・姿勢反応を改善させることを目的としたリハビリ
・身体の平衡感覚を鍛えるバランス感覚トレーニング機器
・運動能力の向上、筋肉の活性化
・一部の筋肉に負担を集中させることを防ぎ 身体全体の運動能力を向上させる効果があります。
・ディスク上の突起は知覚神経を刺激します。

このリハビリは手術をした方・ 手術をしていない方たちへの訓練にも

使用しています。

私もバランスディスクには乗ってみた(動物用ですので 全体重はかけてないので、ご安心を〜

)のですが、結構しっかりしているのですがバランスをとるのが難しかったです。

ドーナツは、私たちの身近にあるバランスボールを想像してください。

滑り止めがついていて、 先生が傍について行っています。

20140123200752.JPG

バランス良く立てると少しグラつくくらいは ワンちゃんが耐えれます。

その後に、水中トレッドミルなどのリハビリも行っています。

事前にご予約が必要で、午前中にお連れいただき 夕方のお迎えとなっております。

ご不明な点や気になることなどがございましたら、お気軽にスタッフまで・・・

20140123200850-thumb-500x375-6525.jpg

こんにちは!バラ(柏原)です!


医学、特に獣医学はここ十数年でめまぐるしく進歩しています。

2、3年勉強していなかったらあっという間に化石になってしまうくらい最近の進歩はすばらしいものであると感じます・・・




パルは新しい知見をどんどん取入れ、それをみんなで共有し、地域に還元していくというモットーの元、勉強会には極力いつも参加しています。今回は看護師さんも一緒に麻酔のモニタリングの重要性について学んできました。

20140123222356.jpg

20140123220107.jpg



「麻酔なんて簡単」と思っている人に安全な麻酔が出来る人はいないと自分は思っています。「麻酔は怖い」、けれども少しでも完璧な麻酔を目指すために日々努力し、謙虚に学んでいる人・病院でしか、いい麻酔は、なし得ないと思っています。




有名な言葉で「安全な麻酔方法はない、安全な麻酔薬はない。そこにはただ安全な麻酔医がいるだけである。」という言葉があります。
この言葉は真理をついているような気がします。100%安全な麻酔方法はありません。これは真実です。100%安全な麻酔方法があることは証明できません。ただ、100%安全な麻酔に近づくよう努力する事はできます。


麻酔医は話すことのできない患者様の代弁者です。麻酔医は手術中、常に患者の動向を診断(モニタリング)し、そして治療(血圧の維持etc)をしていきます。また麻酔については詳しくブログで述べていきたいと思います!今回はこの辺で!



獣医さん、看護師さん共に今できる最高の医療レベルを維持出来るよう、いつまでも謙虚に努力し続けることを忘れずに日々過ごしていきたいですね!

以上、バラ(柏原)でした。



こんにちは! バラ(柏原)です!


DSC_0126.JPG



なんですかこれ??
{#emotions_dlg.112}


・・・


・・・


・・・



これはお尻から出てきた紐状の異物です。



出てくれてよかったです。出なかった場合は確実にお腹を開く手術となります{#emotions_dlg.142}
そして腸管をたくさん切開して引っ張りだしていく、中々大掛かりな手術となります。
紐なのでシュルシュル〜と引っ張ったらとれそうですが、無理に引っ張ると腸管が破けます。
そして最悪の場合、死んでしまうこともあります。




たかが異物、されど異物!




猫ちゃんは異物が大好きです。あのニュルっとした感じがとてもいいのでしょうか・・・猫ちゃんに食べないようにしつける事は困難です。
飼い主様が注意深く異物を食べないように監視しておく必要があります。わんちゃん、猫ちゃんの命を守る為に、この世から異物の誤食が根絶することを切に願います。


以上、バラ( 柏原 )でした!

こんにちは!!

食べ物の好き嫌いが多すぎて、先輩方にいつも引かれている

ハマーですFrown

 

今回はわんちゃん・ねこちゃんの肥満について説明します!!!

(わかりやすいようにわんちゃんのイラストを載せますが、ねこちゃんでも同じです。)

人で『肥満』と聞くと悪い事を連想しまいますよね?

・病気になりやすい

・関節を悪くしてしまいそう

etc…

など心配事がいっぱいだと思いますCry

でもそれは、わんちゃん・ねこちゃんでも同じ事なんです!!!

・体が大きければ足・腰の関節を痛めやすくなります→膝蓋骨脱臼・ヘルニアになる可能性

・太り過ぎによる皮膚のたるみ→蒸れて皮膚のかゆみ・皮膚炎

・脂肪で首周りがぷよぷよ→脂肪による圧迫で呼吸がしづらい

などの症状がでることがありますYell

img02.gif

こちらの表

診察室で見られた方も多いと思います。

 表に書かれている通り、真ん中の子が理想体系です!!!

{#emotions_dlg.043}家で体系を確認するときは横腹を軽く触って肋骨が触れるぐらいがベストです{#emotions_dlg.043}

 

真ん中の子よりも大きいな…。と思ったのであれば要注意です!!

 そういう場合は、その子その子で違いますが、まずはおやつをあげるのはやめましょう。

もしどうしてもあげたい場合は、あげたぶんだけご飯を少なくしてあげてください。 

運動が好きな子はお散歩の時間を増やしてあげるのもいい方法です。

または、ご飯の種類をかえてみるのもいいと思いますよ☆

獣医師と相談してから変えたいという方も多いので相談だけで来ていただいても大丈夫です{#emotions_dlg.001}

「この子太っているのかわからない」という時は気軽にスタッフに声をかけてくださいSmile


※犬種によっては肋骨が触れないのが普通の子もいます。

pic1.jpg

 

 

と、ここで私の大好きな患者さんの紹介です{#emotions_dlg.043}

この子も最初はぽっちゃりさんでしたが、お母さんと一緒に頑張って

今ではかなりスリムになりました!! 

前の記事にも登場してくれたトイプードルのサンちゃんです!!!

 DSC_3203.JPG

大変な足の手術も頑張って乗り越えたうえに、リハビリも誰よりも上手にこなしてくれました!

今では手術したなんてわからないぐらい、しっかり歩いてくれています{#emotions_dlg.001}

体重も足の事を考えてダイエットを続け、今ではかなりスマートになりました(*^_^*) 

 

ですが、何回きても病院の雰囲気には慣れない様子Yell

お母さんから離れようとしません(^u^)

DSC_3204.JPG 

これからは元気に予防関係で来院してくれるのを楽しみに待ってます☆

 

ハマーでした{#emotions_dlg.157}

 

 


ワンちゃんの眼の下、頬の部分が急に腫れることがあります。
その時は歯根膿瘍という病気が疑われます。ワンちゃんの歯は、人間の臼歯と違い
犬歯という歯です。
歯の根っこも深く、その根を伝い奥深くまでばい菌が入ると、歯を支えている
あごの骨まで溶かしてしまうことがあります。そのような悪い歯は抜くしかありません。

レントゲンで、歯の根の周りが黒くぬけているのが分かると思います。

136565.jpg
(↑下顎の歯も歯根が溶けているので抜歯しました。
この歯を抜くと歯の根はこんな状態です。右写真)DSC_0530.JPG


歯石が付いている状態

DSC_0495 20.44.52.JPG



歯石を除去した状態

DSC_0498 20.44.52.JPG


歯根を一つずつに分割するため、歯を切っています。        抜歯
DSC_0500 20.44.52.JPGDSC_0501 20.44.52.JPGDSC_0502 20.44.52.JPG
__________________________________↓________
__ 3.JPG__ 1.JPGDSC_0506 20.44.52.JPG
______↓______________________
__ 5.JPG→ __ 4.JPG

このように歯の根が複数ある歯を抜くのは結構たいへんです。
頬が腫れるのも注意が必要ですが、その前の日常的なデンタルケアを気をつけましょう。

二宮

2014.01.21

ドライアイ

こんにちはワタナベです。
寒い日が続き最近空気も乾燥していますが眼も乾燥していませんか?
今回はドライアイとその検査について話そうと思います!
人にもドライアイがあるように動物さんたちにもドライアイがありますSurprised

ドライアイとは簡単に言うと涙の量が足りずに眼が潤ってない状態のことを言います。
診断するためには涙の量が足りてるか足りてないかを測ればよいのです!

そこで...
シルマーティアテスト検査が登場します{#emotions_dlg.003}
先程も言った通り涙の量を測る検査です。
外側の下瞼に下の画像の検査紙を挟み1分間測ります!

DSC_0553.JPG

DSC_0552.JPG

この1分間の間に
刺激されたときに出る涙の量と通常瞼にたまっている涙の量の合計を測定する試験です。
これにより、涙の分泌量が正常かどうかを確認することで
眼がドライアイになっていないか知ることができます{#emotions_dlg.001}

では、どれくらい涙があればよいのか?
涙量 正常 16以上
  グレーゾーン 11-15
  異常 10以下

上の簡単な表が涙の判断指標となり
グレーゾーンでは涙量のボーダーラインでやや少なめなので
眼症状が無ければ定期的にシルマーティアテストを行うとよいといわれています。
眼症状があれば治療が必要になるといわれています。
DSC_0560.JPG
眼症状とは、目ヤニがよく出てたり
目を”しょぼしょぼ”していたりなど目をよく気にするようになります!
このような症状が多く見られたら
一度眼の検査の内の1つであるシルマーティアテストを行ってみるのも良いかもしれませんCool

今回はドライアイの判断とそのテストについて話していきました。
次回はドライアイや涙の量が少ない事によって引き起こされる眼疾患について話して行こうと思います。

ではこの辺でワタナベでした。