パル日記(月別一覧)

2014.06.26

トレーニング

最近診察に子犬ちゃん・子猫ちゃんが多くて毎日メロメロな
ハマーです{#emotions_dlg.156}

今回は初めてのお散歩に向けてのトレーニングをお伝えします!

2014.06.19

サマーカット

長毛種の猫ちゃんは夏は暑くて大変そうですEmbarassed

この子はチュミちゃん。
乳癌のため乳腺両側全摘出術をしたあと毛玉がたくさんできてしまったので、サマーカットしてみました{#emotions_dlg.001}
20140619213353.jpg

それにしてもチュミちゃん、辛い手術や検査を何回も経験しているというのに、私やスタッフを全然怖がりません。
猫としては珍しいくらいひとなつっこい子です。

ちなみに毛刈り前のチュミちゃんと古沢⬇
DSC_0696.JPG

フルフル
こんにちは、マエダです。
今回は生後2週間ほどでパルボウィルス感染症にかかり、それを乗り越えて元気に成長している
子猫ちゃんを紹介したいと思います。

今の飼い主さまに生まれて間もなくやっと目が開いてきたかなというくらいで拾われてパルにやって
きました。
まだミルクをこまめに必要とする時期だったのですが、哺乳瓶に上手く吸い付くことができず、
入院して胃までカテーテルをいれての哺乳を行いました。翌日軟便が出て、便検査では寄生虫は
見つかりませんでしたが、パルボウィルス感染陽性と判定が出ました。

20140617152501.jpg

日に日に動きが悪くなり、衰弱と意識消失、可視粘膜蒼白などがみられたため、点滴や輸血などの
治療を乗り越え、自分でミルクが飲めるまでに回復してくれました。

今では「あずきちゃん」という可愛い名前をもらい飼い主さまに大切にされて幸せそうです。
初め160グラムだった体重も生後1ヶ月半の検診日には740グラムまで大きくなっていました。

20140617152559.jpg

もうすぐ第1回目のワクチンの時期になります。
また大きく成長しているだろうなあ・・・今度また会えるのが楽しみです。
あずきちゃん、よくがんばったね{#emotions_dlg.170}

パルボウィルス感染症とは自然界で生存力の強いパルボウィルスによって起こります。
高熱、下痢、嘔吐などの症状を示し、血液中の白血球数が著しく少なくなります。
その症状から「猫伝染性腸炎」ともよばれ、脱水症状が続くと猫は衰弱し、特に子猫は非常に
死亡率が高い伝染病です。

生後2ヶ月から感染予防のためのワクチンが投与できます。
世の中には予防できない病気もある中、予防出来る病気は子猫の時期からしっかり予防をして、
元気に過ごす基盤を作りたいですね!

人間の赤ちゃんも同様ですものね。我が子も予防できる病気はしっかり予防したいので、生後2ヶ月
からしっかりプログラムを組んで、予防接種に通いました。


先月キャバリア・コッカー・スパニエルの赤ちゃんが生まれました。
5匹の兄弟姉妹です。お母さんのネネちゃんも頑張って飼い主さん待望の元気な赤ちゃんたちです{#emotions_dlg.119}

りく君、さつきちゃん、カイ君、ナナちゃん、クウ君と可愛い名前もつけてもらい、すくすくと
成長してくれました。一番小さなさつきちゃんも始めはお乳の飲みがうまく出来ず、飼い主様の
献身的介護とお母さんネネちゃんの子育てのおかげでみんなに負けないよう元気に成長してくれました。

もう生まれて1ヶ月が過ぎ、子犬たちは新しい場所へもらわれて行くそうで、今回が家族そろって
パルに来てくれるのが最後かもしれないと記念写真を撮らせてもらいました。

みんな、新しい家族のもとで幸せになってね{#emotions_dlg.170}

20140617145403.jpg


お母さんネネちゃん、頑張ったね{#emotions_dlg.074}
20140617145055.jpg

マエダ

2014.06.17

ご紹介します

こんにちは 河野です。

新しくパルのお仲間になられたかたをご紹介したいと思います。
DSC_0248.JPG

柴犬のヤマトくんです。

2013・10・20産まれの6ヶ月です。

まだ、首輪やリード お外にも慣れていなくて 診察台の上でもこんなに可愛く

伏せっている感じです。 これからたくさんの事に興味を示していき、たくさんの

体験を通して 成長していかれる事と思います。

パルにもたくさんの生後間もないとても愛らしい時期に来院して頂けて 接する事が

できとても嬉しく思います。 その後の成長の過程をご家族のかたと共に見させて

いただけること みんなで喜んでいます。

DSC_0245.JPG

P1090989.JPG

今月の獣医師の出勤は以下の表のようになっています。

※表をクリックすると、もう少し大きくみやすくなります。
20140616151213.png


今回はとても小さなワンちゃんの話です。
体重520gで生後2ヶ月でケイレンを起こしたワンちゃんです。
こんなに若いワンちゃんでケイレンとなると、先天性疾患といい
生まれつき生体に異常がある事がありますが、一番の原因は低血糖です。
ここまで小さな子になると、ほんの些細な事で重篤な症状を起こします。
大人のワンちゃんやある程度大きな子だと、単なる下痢や嘔吐で済む問題が
そうはいかない事もあります。
実際、このくらいのワンちゃんだと心臓はウズラ卵より小さいでしょうし、腕の
骨は5mmくらい、循環血液量はたったの40〜50ccしかありません。
幸い寄生虫や感染症は認められず、先天性疾患を疑う所見はなかったので、
下痢と嘔吐の症状が解決して低血糖を起こさないようにしてあげると元気になりました。

超小型犬はちょっとした事で、大きなダメージを受けます。段差からの落下による骨折や
ほんの少しのおやつが肥満や肝臓を痛めたり。余談ですが今回は体重520gです。
100倍すると52kg。これは人間と同じくらいです。単純計算になりますが
ほんの少しのおやつを100倍してみてください。その量は人間がおやつとして食べる
ほんの少しの量でしょうか?

小さな子はとてもかわいいですが、人間がより注意をしてあげたいですね。

二宮
20140529153751.jpg

こんにちは 

本日はフードについて書いてみたいと思います。

フードにはたくさんの種類がありますが、『療法食(食事療法食)』と言われている

フードを知ってますか?

あまり馴染みのないものだったりもするかもしれないので、少しずつですが紹介していきたいと

思います。


『療法食』とは、特定の病気に対応するために、栄養バランスが特別に調整された、

専門的なアドバイスや処方に従って与えるペットフードのことです。

私たちでも、例えば心臓病になったら塩分を控えたり、糖尿病になったら食物繊維を

とったりと、病気によってそれまでと食事内容を変える必要が出てくる場合がありますね。

ワンちゃんやネコちゃんにも、治療のためには食事管理が欠かせない病気が多くあります。

こうした病気にかかったら、私達同様に、症状を悪化させる原因となる栄養素を減らしたり、

あるいは特定の栄養素を増やしたりした食事を与える必要があります。とはいえ、こうした


病気に合わせた食事を、飼い主様が毎日ご家庭で作るのはほとんど不可能に近いことです。

そこで病気の種類や症状に合わせた療法食が作られるようになったようです。

現在ではそれぞれの病気に合わせてたくさんの種類の療法食があります。

病院にもたくさんあるので、是非不明な事や不安な事は、スタッフに聞いて下さい。

始めにフードの種類を知ろう!!
フードのタイプ

ドライタイプ:製品に含まれる水分が10%程度以下のフード

セミモイストタイプ:製品に含まれる水分が25%〜35%程度のフードで、半生タイプの
やわらかいフード


ウェットタイプ:製品に含まれる水分が75%程度のフード

フードの分類
総合栄養食:ワンちゃんやネコちゃんが必要とする栄養基準を満たした、『毎日の主要な
食事』として与えるためのフードです。新鮮なお水と一緒に与えるだけで、
それぞれの成長段階における健康を維持する事ができるように、理想的な
栄養素がバランスよく調整されています。


間食:ワンちゃんやネコちゃんのおやつ、しつけのごほうびなどとして与えられるフードです。

その他の目的食:特定の栄養成分の補給をするフードやネコちゃん用の魚介類の缶詰のように
素材のおいしさをそのまま生かして作られたものや、動物用サプリメント
などが含まれます。療法食もこの中に含まれます。

療法食:フードの中で、特定の疾病(病気)等に対していわゆる食事療法として使用される
ことを意図したフードをいいます。栄養的に対応するために栄養成分の量や比率など
が調整され専門的なアドバイスや処方に従って与える事を意図した製品です。


療法食って高い??
これまでに療法食を購入されたことがない方には『療法食は高いんじゃなぁい?』という
イメージがあるかもしれません。そこで、療法食の1日の食事代を計算してみると、
体重10kgのワンちゃんの場合、220円〜450円くらい(3kg袋を購入の場合)、
体重4kgのネコちゃんの場合で100円〜140円くらい(2kg袋を購入の場合)です。

療法食使用時のポイント
①かかりつけの獣医師の診察を受け、獣医師が選んだ物を使用しましょう。
②やめる・続けるの判断は自分でせず、獣医師に任せましょう。
③おやつは与えない、もしくは獣医師に相談してから与えましょう。
④与える量を守りましょう。


とここまで書いてきましたが、たくさんの文になってしまい 混乱させてしまいましたら、

ごめんなさい。 ウチはどう?などありましたら、お気軽に聞いて下さい。

続きがありますので、お楽しみに〜


河野でした