パル日記(月別一覧)

2015.03.26

New家族

去年、肥大型心筋症と腎不全の闘病でお星さまになっちゃったネコちゃんの飼い主さんのところに新しい家族が来ました!


この子が先輩
__HP1

そして新入り
HP2

面白いのは先輩も、新入りネコちゃんも、病院での態度がそっくりなこと。
ふたりとも全然病院怖がらずに堂々としています!
病院のみんなにも抱っこしてもらいました。元気に大きくなってね{#emotions_dlg.105}

フルフル

先週の祝日はPM2.5吹きすさぶ福岡へ、災害動物医療研究会・第7回講習会へ参加してきました。

VMAT2

親戚のほとんどが関東甲信越にいる自分としては地震はホント他人事じゃないのですが、九州にもたくさんの活断層、そして原子力発電所があります。ヒトゴトじゃありません。
__VMAT55

前半が3.11震災での動物救護活動、VMAT(災害派遣獣医療チーム)、アメリカでの災害時動物救護活動についての講演。

VMAT6

VMAT3
青い制服を着ている方たちがVMAT隊員です。講演は院長の師匠の船津先生がされてます{#emotions_dlg.106}
VMATについては以前ブログで書かせていただいたことがあるので、VMATって何ぞや?と思われた方はHP左上の検索で『VMAT』で検索してみてください。

後半は実習、避難所設営の机上シュミレーションです。
VMAT11

ペット同行避難前提で避難所作っていきます。
ぜんそくやアレルギー、犬猫が苦手な方と避難場所がかち合わないようにどうするか考えていくのはまだ想定内だったのですが、
『外国からの観光客が避難してきました!』
『自宅に要介護者が取り残されています!』
と次々に想定外の課題がきてテンパってます{#emotions_dlg.112}

ホントの災害が襲ってきたときにテンパらないための実習なので、普段からのこういうトレーニングは大事だな、とつくづく実感しました。

フルフル

この度、夜間時間帯診察の来院数と当院の人員配置の関係上、終了する運びとなりました。
ご利用頂いている飼い主様及びペットの皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、 何卒ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
2015年3月1日より

平日 :午前9:00〜12:00 午後15:30〜19:00
土曜日 :午前9:00〜12:00 午後15:30〜19:00
日・祝日:午前9:00〜12:00 午後休診 ※診察は午前9:30~、午後16:00~となります。

19:00以降はかかりつけの患者様に限り従来通りのお電話での対応になります。
また19:00以降は夜間診察料金が別途必要となります。
新たな試みのため急遽変更点が出る場合がありますが何卒ご了承頂きますようお願いします。

昨日今日と気温が高いようですヽ(´Д`;)ノ
天気が良い日の熱中症には充分お気を付けくださいね

さて、今回は先代の子からパルを愛してくださっているご家族のわんちゃんの
ヒマちゃんですヾ(*´∀`*)ノとってもかわいいでしょ~!

IMG_1314

先代のバブちゃんの人生にご家族と共に接することができて私たちは幸せでした。
ご家族の献身的な看護、介護にバブちゃんはとても幸せだったと思います。

そんなバブちゃんの後輩として病院に挨拶に来てくれたのがヒマちゃんでした。
初めて会った時はまだ小さかったですが久しぶりに会うと立派に成長していて
可愛さに磨きがかかりました{#emotions_dlg.001}

そんな可愛らしいヒマちゃん、練習中の技を披露してれました!

ハイターーッチ!{#emotions_dlg.098}
はい!はい!と何度もお姉様の手にタッチする姿が可愛すぎて可愛すぎて・・・!
IMG_1317

うちの子たちにも何か覚えさせたいな・・・なんて考えてしまいました(笑)
ヒマちゃんとご家族の方、ありがとうございました!

アッキー

2015.03.16

口のがん(>_<)

口にできるがんとしてよく知られているものに
①悪性黒色腫(メラノーマ)
②線維肉腫
③扁平上皮癌 があります。

今回の患者さんは、知り合いの先生からサードオピニオンとして紹介していただいた患者さんです。
10ヶ月ほど前の去年のゴールデンウイークに、あごの下にちいさなかさぶたみたいなものができて『皮膚病』として治療してきたが治らず炎症やただれが悪化してきて、転院先の動物病院でどうも皮膚病ではないようなので診て欲しいとのご依頼でいらっしゃいました。

診察室に入ってこられた瞬間、不覚にも動揺{#emotions_dlg.112}
__nana1

見てわかるとうり、この子はたいへん瞳が綺麗な美人なのですが、それを裏切るかのように下の顎にひどい病変が{#emotions_dlg.130}
そっと口の中を診てみると下あごの左右歯肉に大きなしこりがあります。

レントゲンを撮ってみると病変の周囲の下顎骨が溶けていました。
アスペルギルスなどの真菌感染でも骨が溶けていくことはありますが、ここまでひどくなるのは悪性腫瘍の可能性がとても高いです。
溶けてスカスカになった骨は、自然と骨折してしまうことがあり、実際この子も数日後 下顎骨折してその痛みから何も食べられない状態に陥ってしまいました…..
nan9

ここまで腫瘍が大きくなってしまうと、外科手術の目的は根治ではなく痛みや炎症をとってあげる緩和目的になってしまいます。
場合によっては安楽死も治療の選択肢に入ってくるほど重篤な状態です。
いろいろ思うところもありましたが、まだこの子が8歳と若く、この綺麗な瞳を見ちゃったら諦めることはできないね…..ということで飼い主さんと相談の上、少しでも可能性にかけようということで切除することになりました。

とはいえ、前述のように下顎骨折して何も食べれず、痛みと出血で衰弱した状況での手術です。
術前検査して輸血しながら手術することになりました。
手術直前の様子です。大丈夫かいな…..
__nana2


麻酔下でみてみるとこんなかんじ{#emotions_dlg.113}
nana3


__nana4


この子の場合、腫瘍がない第1後臼歯の後方で左右両方のあごを切断していきます。
下顎骨の切断にはいろいろな器具を使いますが、今回は線鋸(ワイヤーソー)と抜歯用の歯科用タービン(ドリル)を使用しました。
私が左手で持っているのが線鋸です。
nana5


というわけで、とってみました。
※この画像は血が苦手な方はクリックしないようにしてください
nana6

レントゲン撮ってみるとこんな感じ。
左側(L)の骨がスカスカでなくなってるところが下顎骨折してます
nana10

nana11


無事手術が終わってスヤスヤ寝てます。
鎮痛剤が良く効いているせいもありますが、手術前より痛くなさそうです。
nana7


下あごのほとんどを切除してしまったので、ほんとにご飯食べれるのかなーと心配していましたが、術後4日目にはちょっと食べやすいよいうに工夫すれば流動食を食べることができました{#emotions_dlg.098}
nana12


いまは術後3週間経過しましたが、1日5食、飼い主さんが頑張って食べやすいように食事をつくってくださってます。
まだ痩せてはいますが、だいぶ元気になりました!
手術前の状態がひどかったせいか、飼い主さんも、そのお友達も、今のあごが無い状態はあんまり気にならないそうです。
バリカンで刈っちゃった毛が生えそろえばもっと可愛くなると思います{#emotions_dlg.105}
nana8


ちなみに病理検査の結果は『口腔内扁平上皮癌』でした。詳しくはこちら⇒口腔内扁平上皮癌
扁桃に発生してくるもの以外は肺や肝臓へは転移することが少なく、局所のがんをがっつり取れば治る可能性の高いがんです。
いまさらですが、去年の5月にこの子に出会えなかったことだけが残念です。
がんがちっちゃいうちのほうが、治る可能性も術後の生活の質ももっともっと良かったはずです{#emotions_dlg.108}

同時に摘出した下顎リンパ節や、切断したあごの骨の先端にはがん細胞は残ってないとのコメントいただきました。
ただし、舌のつけねの部分だけががんが取りきれているか心配な状況ですので今後もよくみていかないといけません。

フルフル

17
前回まではCTをトラックからクレーンで降ろして待合室に入れるまでの様子でした{#emotions_dlg.098}

そして、ここからが最難関。
ホントにオペ室入口通れるの?{#emotions_dlg.118}

パルは待合室は広いのですが、1番診察室からトイレまでの廊下はせまいです。そして、ここにオペ室の入口があります。
手術室経由でCT室にCT搬入するためには、この廊下、オペ室入口を、まるで縦列駐車の切り返しのようにCTを動かして搬入しないといけないそうです{#emotions_dlg.110}

搬入スタッフのおじさま方は、紙面で何回も搬入のシュミレーションを繰り返して、これならいけるやろ!ということになったらしいのですが、業者のお兄さんがボソッと、
『これでCT室に入らんかったら、僕、このCTの下部にすべりこめるぐらいの土下座で謝んなきゃ…..』って{#emotions_dlg.112}


というわけで、ドキドキのオペ室搬入編です。

まずそのままではとても通らんやろ~ということで、CTのカバーを外してできるだけ幅と高さを小さくしていきます。
カバー外すと、内部構造はたいへんメカメカしいです{#emotions_dlg.116}

水槽移動のために来て下さってたグッピーのお兄さんも興味津々のようです。
18


今からオペ室へ搬入です! 
手前に置いてあるのはCTのカバーです
19


オペ室のなかから見るとこんな感じ
20


病院玄関への搬入も、取り外し可能なカートを接続して人力で行っていましたが、オペ室入口でそのカートは外されてました。
それでどうやってこの重いCTを動かしていくのかというと…..
21


なんと金属製のコロを使うんです!{#emotions_dlg.109}
びっくりです!
そして職人さんたちが数ミリ単位で微細な切り替えしをながらオペ室に搬入していきます。神業です{#emotions_dlg.098}
22



廊下側から見た感じです。
職人さんたちの努力の甲斐あってだいぶ中のへ移動してきました
23


もう一息です。最後の微調整をして….
24



見事入りました!!{#emotions_dlg.098}
26


CT室の方へ移動中です{#emotions_dlg.100}
29


CT室の入口から見た感じ
30


無事CT室へ搬入終わりました{#emotions_dlg.106}
あとは外しといたカバーをもとどうりに綺麗にしてくださってます。

設置スタッフの職人さんたち、緊張とお疲れの一日だったでしょう。本当にありがとうございました。
28



CTを利用することで、なにができるのか、どういう病気のときに役に立つか、手術支援としてCTを利用した時にどう役に立つか、今後ブログでご紹介していこうと思います!

ちなみにこれはおまけ画像
弱っているリスクの高い患者さんを無麻酔でCT撮影するときのモデルとして、柊を撮ってもらいました。
胴長で足の短い子はこんな感じで撮影できます。
気になってた椎間板ヘルニアと関節も診ていただきました。
31

柊の骨格3D画像です。ひじ関節が…..{#emotions_dlg.133}
32

フルフル

いよいよCT設置の日。

ホント晴れてよかったです{#emotions_dlg.098}
ガードマンさんもいらっしゃって道行く方の安全に気を配っていただいてます。
12


で、これがCT(でかい!)
6


ホントに玄関から入ることできるのかなーと思ってましたら、いつのまにか精密機器移設プロ集団のおじさま方が、入り口ドアのガラスを外して準備万端整えてくれてました{#emotions_dlg.116}
__5


というわけで、いよいよ搬入です!気を付けて!!
8

7

9


ここまではクレーンのお仕事でしたが、ここからはなんと、人力で!!{#emotions_dlg.109}搬入します。

室内からみるとこんなかんじ。
11


皆さんで気を付けて押してます!
10


段差も微調整しながら入れていきます。
13


入りました!{#emotions_dlg.098}
15


搬入の第一段階が無事に終わって、おじさまがたも笑顔です
16


だが、しかし。
本当の試練はこの後に来ます{#emotions_dlg.112}

オペ室経由で奥のCT室に搬入する予定ですが、そもそもこんなでっかい機器、オペ室の入口通るの?\(゜ロ\) (/ロ゜)/?

フルフル

ご存知の方も多いと思いますが、3月からパルに、どうぶつCT検査部が開設されました{#emotions_dlg.098}

(2月中はその工事でいろいろとご迷惑をおかけして申し訳ありません!)
ちなみに設置場所は、前の手術準備室です。

CTといえば下の画像のように結構でっかい機器です。いったいどうやって搬入したの?と、気になるところです。
CT開設工事中の様子をたくさん撮影しましたので報告いたしますね{#emotions_dlg.103}
17

ちなみに工事前の手術準備室はこんな感じ
2


そしてCT搬入直前の状態がこちら
__4

3


フルフル

今日であの大きな地震から4年経ちました。

まだ悲しみと立ち直りのただなかにいらっしゃる被災者のかたには、ただただ頑張れと祈ることしかできません。
個人的には震災をけっして忘れないこと、小さな支援を続けていくことですこしでも被災者の方の助けになればな、と思っています。

というわけで、いつかくる災害に備えて、福岡でも市民講座が開催されます。
3/21(土 祝日)朝10時から 国際会議場(福岡サンパレスの隣)です。

ご興味のある方はぜひ、聞かれてみてください。
ちなみに午後の実習は有料ですが、午前の講演は無料です。
20150311123952
20150311123914


よろしくおねがいします{#emotions_dlg.104} フルフル
20150311124047

こんにちは!暖かくなったり寒くなったりと不安定な気候ですね・・・(^_^;)
皆様、体調には十分お気をつけ下さい。

先日来院されたわんちゃんにマダニがついていました!
まだ吸血前の小さなダニでしたが・・・。
最初かさぶたかな?と思って手をのばしたら・・・



※苦手な方はクリックしないでね!
20150310145026
Σ(゚д゚lll)
ダニだ!これダニですね!


まだ3月・・・いや、もう3月ですね。
基本的にノミダニの予防は、効果がしっかりと実証されている病院処方の
お薬での通年予防をおすすめしています。
寒い冬でもどこかに潜んで、寄生する機会を彼らはうかがっているのですよ・・・!

近年は動物だけでなく人間にも恐ろしい病気をうつすこともあります。

通年予防で安心な一年を過ごしましょうヾ(*´∀`*)ノ

アッキー