パル日記(月別一覧)

先日、セミナーの帰りに博多駅に寄ったのですが、街もだいぶクリスマスな雰囲気になってきましたヽ(^o^)丿

IMG_3942

パルも待合室にクリスマスの飾り付けをあちこちしましたので、どうぞ雰囲気を楽しまれてください。

IMG_4062FullSizeRender (23)

さてクリスマスのお楽しみのひとつといえばクリスマスケーキです。
いまはワンちゃんねこちゃん用のケーキも売っているとこがあるようで、家族と一緒にペットもクリスマスケーキを味わう楽しみがあるようです♡
ただ、ワンちゃんたちの中には体質的にお腹が弱かったり、食事アレルギー持ってらっしゃる方もたくさんおられるかと思います。
食事アレルギー持ちの人間のお子さんもそうみたいで、お祝いのケーキやおやつを買うときは体に害のない成分が入ってないかどうか、吟味するのにとたいへん苦労すると聞いてます。

そういうデリケートなワンちゃんにちょっとお勧めするのが手作りケーキです(^o^)/
うちの子のバースデーケーキを作った時のレシピを参考までにご紹介しますね。

FullSizeRender (15)

パンジーとビオラのお花のケーキ♡です。

材料はHills a/d 缶の土台に動物用ビオスリーを茶こしでふるって真っ白にデコレーションしています(^。^)y

パンジー、ビオラは食べられるお花ですが、市販の切り花や、植木鉢で売ってある花は保存剤や農薬がかかっている可能性があるので、必ずご自宅で2週間以上育てた無農薬のお花か、エディブルフラワーという食べられるお花(スーパーなどでおしゃれサラダ用などに売ってます)をお使いください。

FullSizeRender (22)

黄色いビオラとミントのケーキ♡

材料は前述のa/d 缶とロイヤルカナンのセレクト缶を半量ずつ混ぜて練って形作りました。
ミントはご自宅で栽培されているものがいちばん理想的ですが、スーパーの野菜売り場のシソとかきざみネギとかカイワレ大根売っているコーナーあたりに売ってありますので手軽に手に入る材料です。

IMG_3549IMG_3552

これがいちばんクリスマスっぽいかもしれません(^o^)/今年作ったフルーツケーキです。

土台はロイヤルカナン消化器サポート缶に、お腹が弱い子用のサプリメント、ミルク味のペットIgGをふりかけてオフホワイトにデコレーションしました。 
緑の柊の葉はキウイフルーツ、黄色い星はバナナ、赤い実はリンゴの皮の部分をつかってます。
今の時期百円均一ショップに行くといろいろなクッキー型が売っているので、それを使って果物をくりぬいてみました。ちなみに柊の葉はハリネズミの型のギザギザのところを利用してくりぬいてます。
くりぬいた後は大量の果物の切れ端が出ますので、ヨーグルトに混ぜるかホットワインに漬け込むかして飼い主様が残さず召し上がってくださいね(^。^)y-.。o○

このケーキのアイデアのもとになった市販のケーキは着色したゼリーで星やハートを作ってましたので、色つきの砂糖なしのゼリーをつくってくりぬいてみたり、牛肉豚肉アレルギーある子のためには寒天ゼリーでチャレンジしてみるのも楽しいかもしれません♡

フルフル

2017.12.09

ぬっくぬく♡

日に日に寒さが厳しくなってきますね・・・!

今回はとても暖かそうにやってきてくれたシンノスケ君です!

DSC_0895

飼主様のコートの中でぬくぬく・・・♡

とても暖かそうで、ご満悦なシンノスケ君(*^^)v

DSC_0897

いつも名前を呼ぶと元気に反応してくれます!

これからも仲良くして下さいね(*^_^*)

 

アッキー

2017.12.04

健康診断 !

こんにちは
最近は朝晩の冷え込みが一段と
増してきましたね
乾燥がさらに酷くなるので、直していた加湿器を慌てて引っ張り出して来た大庭です
さて、今回はみなさまにお知らせもこめて
わんわんドッグ、にゃんにゃんドッグ
をご紹介をします。
あまり普段聞きなれないフレーズですが
何をするかというと、全身を検査し
トータル的に良し悪しを発見するのが
1番の目的です
まさに人間ドックの犬猫バージョンなのです
当院では通常価格ではなく、セット料金
でご案内しておりますので、高齢の方や
見た目健康そうだけど、そう言えば今まで
血液検査なんてしたことないな〜と
思われてる方には特にオススメです❣️
最近では室内犬が増えたり、ワンちゃんに
手をかける飼い主様がたくさんいらっしゃる
ので、見た目年齢が若く見える子が多いです
ですが、見た目が若くても内臓機能は
年々衰えていきます
ワンちゃんは、7歳以上から高齢期に
入りいわいる老犬の部類になります。
言葉では話してくれない我が子の変わりに、検査が答えを出してくれます
私も一飼い主として、愛犬が検査で異常が
なければ毎回ホッとします
IMG_2042
↑もーすぐ11歳になる私の愛犬です❤
お電話でもご予約をお取りできますので
気になる方は是非是非スタッフに聞いてね
大庭でした。
こんにちは、寒くなり朝起きるのが苦になってきた看護師の小柳です( ´ ▽ ` )ノ
突然ですが今日は点眼のポイントをお話ししようと思います‼
早く症状を改善するためにも、目薬をきちんとさしてあげたいところですが目薬を嫌がる子はとても多いと思います‼
愛犬が怖がって逃げてしまったり、顔をブンブン振って嫌がるから、うまく目薬を使えないなど、飲み薬のように、食べ物に混ぜたり出来ないからこそ、飲み薬とはまた違う難しさを感じると思います‼
普段、点眼を行うときはどのようにされていますか?
鼻先をガシッと握ったり、正面からさそうとしたりしていませんか?
ついやってしまいそうが、それは実は嫌がるやり方なんです(・Д・)
ポイントとしては、
・後ろからさすこと
・目薬を見せないこと         です‼
やり方はいくつか方法はあると思いますが、一つ例として、
1.飼い主さんに背を向けてオスワリをさせる
2.目薬を持った手を愛犬の頭に置き、小指の辺りを使って上まぶたをしっかりと引き上げる
3.目薬の容器の先端を目尻に近付け、目薬をさす
もう1人補助がおられる方は、おやつなどで気をそらせておくのもいいかもしれません‼
その子その子によってあったやり方もあると思うので色々試されてみてください(^。^)
また、他のやり方など知りたい方は気軽に先生や看護師に声をかけてください‼
モデルは供血猫のモノホシ君です!
とても大人しいので目薬もラクラクでした(*^^)v
DSC_0996 DSC_0998