獣医師日記

今日は久しぶりに本業(?)の腫瘍外科のお話です。
しばらく手術症例の投稿ができていなかったのですが、最近、お盆前からずーーーっと治療していた子がようやく治療終了になったのでご紹介させていただきます!

ちょうど長崎の日でしたか、前日急に倒れて虚脱状態、呼吸困難で来院された8歳9か月のわんちゃんの胸部レントゲンがこちら ↓ (すいません、画像が左右反転してます。右側がこの子の頭側です)

胸部レントゲンだというのに心臓が見えず、気管も背中側に押しやられていてなにやら真っ白な影が画面いっぱいに広がっています。
エコー検査を行うと心臓の頭側に大きな腫瘤が見えました。すぐに針生検を行ってこの子の胸部の腫瘍は胸腺腫の疑いが出ました。が、これだけ巨大だとすぐに外科摘出を行うのは大変危険です。

胸腺腫には安全に摘出可能かどうかのガイドラインがあり、あまり大きすぎる場合は(日本に一桁しかいらっしゃらない超凄腕腫瘍専門医以外は)外科適応ではなく、放射線治療や内科治療の適応になります。

ちょっと見にくいですが、この子の胸腺腫の状態を客観的に測定したものがこちら↓↓
スコアは45点中37(数値が小さい程状態が良い)で今の段階では手術不適応レベルです(>_<)

すぐに外科手術できない理由はもうひとつあります。

大きな胸腺腫があるために血液中のカルシウムの値が高くなって虚脱状態になったり、心臓の動きに影響が出たり、重症筋無力症という病気を引き起こしてる場合がとても多いのです。
このわんちゃんの場合も来院時倒れて呼吸ができにくい状態でしたのでまずは内科治療から始めました。
酸素室に入院していただき点滴と治療を開始すると、翌日には虚脱状態から立ち上がれるくらいまで回復しました。
そのまま盆明けまでねばったところ胸腺腫スコアも8日間で37点から21点まで下がり手術適応ギリギリレベルまで改善できました!
下の左側が8日目のレントゲンです。正常な黒っぽいところが増えてきているのがお分かりかと思います(右に比較のため初日の左右反転しているレントゲンを載せています)

無事に酸素室から出ることができたので、その後は退院し、ご自宅での内科治療をがんばっていただいて2か月後、根治治療のために外科手術で胸腺腫を摘出させていただきました。

手術当日のレントゲンとCTです

 

3D-CTにしてもらうとこんなかんじ↓↓(緑が腫瘍 赤が心臓と大血管です)

腫瘍の大きさは心臓よりひとまわり大きいぐらいでしょうか?
蜘蛛の巣のように腫瘍に血管がまとわりついてます。この血管は胸腔内の大きな動脈や静脈から分岐してきているので術中操作を間違うと破裂して大出血を引き起こしかねません。というわけで術中はこの血管を剥離して確実に止血していくのにいちばん苦労しています(>_<)

これだけ腫瘍が大きく前胸部にある場合は胸の正中、胸骨を縦切開してがばっと大きく胸腔を開いて腫瘍を摘出します。(開胸しても腫瘍が大きすぎて心臓肺が見えてきません↓)

これは腫瘍がとれたところ。

時間はかかりましたがキレイに摘出できました。手術は大変過ぎて久しぶりに足腰ガタガタにはなりましたが…
術後の出血も少なく、痛みのコントロールも良好だったため順調に回復することができましたヽ(^o^)丿

 

補足ですが、胸腺腫は小さいときはまったくの無症状です。巨大になるまでほぼ症状が出ないと言っていい腫瘍です。健康診断をマメにしていればどこかで引っかかってくる可能性はありますが、それ以外では腫瘍が小さいうちに発見することはまず不可能だと思っていただいてもいいと思います。
また胸腺腫はたいへんえげつない大きさに成長し重篤な症状がでますが、そのほとんどは良性の腫瘍です。
早いうちに外科摘出することで完治が望める腫瘍のひとつでもあるということを知っていただくとうれしいです。

フルフル

 

 

 

10月恒例(^。^)y-.。o○ハロウィーンの飾り付けです♡
今年はお外の掲示板、待合室の水飲み場、4番診察室のガラスの外から見えるところをハロウィーン仕様にしてみました。ホントはお外のレンガの壁のところに作りたかったのですが、台風が何回も来るのでそちらは断念。
クリスマスには外にも飾りをがんばって作ってみようかな…
これは外掲示板☆

4番診察室外からの眺め♡ ちょっとホラー(>_<)

ちなみに材料はほぼ100円均一商品と段ボールとお菓子のお菓子の包装紙です(゜o゜
またスタッフ有志からかぶりもの類、コスプレグッズもたくさん譲っていただきましたので、飼い主さんもわんちゃんネコちゃんも待ち時間などにぜひハロウィンコスプレをどうぞ♡
水飲み場周辺にまとめておいてますので、パル敷地内、駐車場内までなら持って行って(飼い主さんもぜひ!)着飾ってみてください。↓↓↓

着用例は以下のとうりですヽ(^o^)丿

↓↓この帽子とマントはけっこう着用しやすいので、ぬいぐるみさんから脱がして使ってみてください♡

いつもブログ記事書くときはパル写真班部隊に画像提供を協力をしてもらってるのですが、今月で隊員の若杉さんが卒業することになりましたTAT 寂しいですが、次の夢に向かって頑張って♡

フルフル

今年もノーベル賞の季節がやってまいりました!
嬉しいことに今年の医学生理学賞はチェックポイント阻害剤の生みの親、本庶教授が受賞されました♡

2月の獣医がん学会のブログにもちょこっとだけ書きましたが、チェックポイント阻害剤というのは、狡猾な癌細胞ががんを攻撃する生体の免疫機能にストップをかけてがん細胞自体が壊されないようにしているシステムを解除する薬です。
抗がん剤でも放射線治療でもなく、患者さんみずからのがんを攻撃する免疫機能自身ががんを治療するという、今まで誰も考えなかったすばらしい治療法です。

ヒトでは悪性黒色腫(メラノーマ)や肺がんなどの治療に使われつつあります。
たいへん高額な治療でもあり、また出てくる副作用も結構な物なのでわんちゃんへの適応は悩むところですが、今後ジェネリック等出てきたら考えたい治療のひとつでもあります。

 

そしてノーベル賞の時期になると楽しみなのがコレ。イグノーベル賞(^○^)

『笑い、そして考えさせられる』業績に対して贈られる賞、というのがコンセプトで、ノーベル賞のパロディみたいなもんです。12年連続で日本人が受賞しているということでも話題になってます。

今年の医療教育賞は昭和以南総合病院 内科診療部長・消化器病センター長 堀内朗先生です♡
受賞内容は大腸内視鏡検査の手技方法の検討なのですが…..先生曰くこの方法がいちばん痛くないと….
なんと!!先生みずから自分で自分の大腸に内視鏡入れて検討されたそうです!!

上の受賞スピーチは会場中の大爆笑をさらってましたが、大腸内視鏡の患者さんへの苦痛を最小限にするためにとても一生懸命考えられた研究だと思います。

フルフル

猛暑が落ち着きはじめ、少しずつすごしやすい季節に変わってきました。今回は秋に向けて、わんちゃん・ねこちゃんの健康診断について少し紹介しようと思います。

最近は、ヒト医療と同じく、高齢の動物さんたちも多く見かけるようになりました。先日飯塚分院の方では、23歳のねこちゃんが来院して元気な姿を見せてくれました。

皆さん知られているように、わんちゃんねこちゃんは1歳頃で人間年齢18~20歳、以後は1年あたり人間年齢で4〜5歳ぐらい歳を取ると言われています。そのため大体7〜8歳ぐらいになるとシニア期と呼び、人間でいう所の40~50代ぐらいに換算されます。

シニア期になると、大小問わず人間もひとつやふたつぐらい何かしらの病気が見つかることも多い事かと思います。

特に、血液の状態や内臓器に関しては、見た目や触っただけではわからないことが多く、元気や食欲などの一般状態はこんなに良いのに、と驚かされることも多々あります。

現在、パル動物病院では健康診断として、シニア検診やわんわんドック・にゃんにゃんドック(A~Dコース)を設けています。各検診ごとに血液検査項目や検査内容が変わっていますので、お考えの際はスタッフの方にご相談ください。

心機能や内臓機能、超音波・レントゲンを含む画像診断など、飼い主様のご要望に応じて紹介していきたいと思いますので、暑さも治まりつつあるこれからの時期に大切な家族である我が子たちの健康診断を考えてみるのもいいかと思います。

 

追加のお話しとして、この記事をご覧になっている方に少し早めのお知らせを!(^^)!

シニア検診について近々キャンペーンを始めます。

始まるまでもう少々お待ちください。

 

獣医師 大塚

皮膚や耳、気にしていませんか?
こんにちは。9月に入りましたが暑い日が続いていますね。
気温が高いこの季節は蒸れやすく、耳や皮膚の状態が悪くなってしまうことが多くあります。
最近よく気にして掻くようになったなーと思えば、気づけば皮膚が真っ赤、耳も引っかき傷できて血が出ているということも少なくありません。
このような状態になる前に早めに気づいて対処をしてあげたいですね。
そこで、この1ヶ月内に来院された方はご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、今パルでは耳と皮膚の健康チェックを兼ねたサマーキャンペーンを行っています。(わんちゃんのみ)
 
目的としては、症状が目立って見受けられない子たちの皮膚や耳の状態をチェックすることで、隠れている病変を見つけて早くから皮膚のケアをしていき悪化を防ぎます。
 
爪切り、肛門腺しぼり、お耳のチェック等いつものメンテナンスと一緒に。皮膚のコンディションも一度確認して見ませんか?
 
気になる方はスタッフにお尋ねください(^^)
わんちゃんたちの皮膚の健康を一緒に管理してきましょう。
 
獣医師 池田

CT検査を担当させてもらっています 獣医師の柘植です。

 

パル動物病院の手術室の奥のほうにCT検査室があるのを皆さんご存知でしょうか。

人では一般的な検査の一つですが、動物さんにとってはほとんどが麻酔をかけてする検査のため、『簡単にはできない検査』として認識されていることが多いです。

そこで、少しでもCT検査は一体どのようなことをしているのか

 

今回はCT検査で見つかった異物についてお話をさせていただきます。

 

わんちゃんねこちゃん達の中にはどんなものでも口の中に入れてしまう子がいます。

もちろん、飲み込むつもりがなくても遊んでいる拍子にたまたま口の奥にはいってしまうことだってあります。ただ、彼らはそれを私たちにいうことができません。

『おもちゃ食べちゃったー』とか『実は盗み食いしたの』とか言ってくれたらいいんですけどね。

 そういったおもちゃ類がうんちとしてでてきてくれたら問題はないのですが、大事になるのは胃の中に残ってしまう場合や小腸で詰まってしまう場合です。

特にひも状のものは危険になることが多く、最悪の場合、見つけるのが遅くなってしまったら消化管に穴があいたり、ちぎれてしまうことだってあります。

 

 今回紹介させてもらう子は、5か月のフレンチブルドックさんです。

吐き気がつづき、食欲がなくなってきたことを主訴に来院されました。

胃の中をエコー検査でみてみると胃の中、胃から先の消化管に何かがあることが判明しました。消化管の状態で緊急と判断し、翌日にCT検査と開腹手術を行いました。

おわかりでしょうか。胃の中からその先の小腸にひも状の物体があります。

胃内のものを拡大してみましょう。

※色付けは本来のいろではありません わかりやすいように色を付けています。

実際にその後、開腹手術において胃から小腸にロープがつまっていることを確認し、取り出しました。

飼い主様にお話をおききすると、ロープ状のおもちゃがいつのまにかなくなっていたとのことでした。

 

かわいい子にはたくさんのおもちゃをかってあげたい。喜ぶ姿がみたい。お気持ちはよくわかります。実際、わたしもそうです。だからこそ、そういったおもちゃがその子を危険にさらすことになってしまうのはとても残念です。このような事故を防ぐためにも、そのこの性格と体格にあったおもちゃを選んでください。そして、かったおもちゃが現在どのような状態なのか、壊れていないか、毎日確認してあげてください。

 

異物は早期発見が重要です。何か飲み込んだのを確認したら、はやめに病院まできてくださいね!!

 

追伸:もちろんすべての異物がCT検査でみつかるわけではなく、レントゲン検査やエコー検査で判断できるものもあります。今回のCT検査はあくまでも手術の補助として検査させていただきました。

 

獣医師 柘植

いつも待ち時間が長くて申し訳ありません(>_<)

また待合室に読み終わった本持ってきてますのでお好きな方は是非どうぞ♡

↓最近週末のTVドラマ化された『義母と娘のブルース』
 原作の4コマ漫画です。
 上巻の終わりくらいに号泣ポイントがありますので人前で読まれるときはご注意を(ToT)/~~~

↓ 『大型犬と暮らす』と週刊新潮のペットフード特集

最近台風や水害が頻発していますが、災害時での大型犬避難に備えて常日頃考えておかないといけないことが特集されています。


週刊新潮は危ないペットフードの種類特集です(>_<)
ペットの健やかな体を作っていくうえでいちばん基本になるペットフードですが、やはり量販店の安いものはチョットコレハ(>_<)という原材料が使われていることがおおいようですね。


皮膚・お耳の検診、サマーキャーンペーンもいまパルで行っていますし、ペットフードで困っていることがあれば担当の先生や看護師さんたちに相談してみるのも治療の一環になると思います。

これはほぼフレブルの教科書とも言っていいのではないでしょうか。
↓ 愛犬の友5月号特集 『フレンチブルドックをまじめに考えた』
 短頭種の神様、城下先生の呼吸器疾患特集が掲載されてます(^o^)/

ちなみに愛犬の友6月号はペキニーズ特集でした♡ こちらはフルサワ私物です。パルには置いてありません(>_<) お好きな方は書店で注文を♡

フルフル

最近えげつない手術が多く(いまどきに言えばはんぱない手術でしょうか(>_<))、なかなかブログで紹介できるような患者さんがいないのが悩みの種でした。
が、手術依頼症例で先週無事にフォローアップになった患者さんがいらっしゃったので紹介します。
右太ももにできた軟部組織肉腫です!長さは13㎝、厚みは8㎝ぐらいあります!
(ちなみに術後重さを測ったら500gありました…..)

がんばってコレを摘出していきます。
ちなみにここまでがんが大きくなるには当然、がんに栄養を運んでいた動脈がおっきく発達しているわけで、当たり前ですが大量の術中出血が予想されます(>_<)
今回も当たり前ですがものすごく出血しました。いつもの手術画像の3倍は出てますので、血が苦手な方はけっして手術画像をみないようにお願いします!

切る端からドーッと流れてくるので、切開、止血、切開、止血の無限ループになります。
ちなみに一番大きいがんの栄養血管(動脈)は、いちばん真下にありました。がんを全部摘出しない限り止血できないパターンです。
モノポーラーの電気メス、バイポーラーの電気メス、止血鉗子、ガーゼを駆使しながらの手術になります。出血が止まらない時の佐伯教授もこんな思いをされとったんでしょうねえ
(いつまでブラックぺアンを引きずっているのだ)

摘出後の画像です。

画像で見てもガーゼ類が恐ろしい程血に染まってますね。
ちなみに止血鉗子で止めているのが動脈です。ちゃんと結紮してぺアンは残してませんのでご心配なく<`~´>

これだけのがんを摘出すれば当然、術後の皮下しょう液も大量に出ます。
術後10日ほどは液の排出がたいへんな状態でしたが、3週間後の全抜糸の時にはたいへん綺麗になりました!良かったです。

今回のがんはいろいろ事情があって、発生から1年以上経過しての手術でしたが、ここまでの大きさにも関わらず軟部組織肉腫グレード1という遠隔転移の少ないタイプでした。以前は血管周皮腫とか神経鞘腫とか言われていたがんにあたります。
マージンプラス(手術によるがんの取り残し)があるとそこからまた再発してきやすいタイプなので、小さいうちになるべく大きく切除するのが根治への一番の近道になります。

また腫瘍の細胞診でも診断がつきにくいタイプで、(脂肪腫との区別はつきますが)炎症との区別がつきにくいので、どんな腫瘍でも最初小さかったのに1センチを超えて大きくなってきたら、もしくは最初見つけたときの大きさから1センチ大きくなったら必ず獣医師に診てもらうことをおすすめします。

できればこのヒトのお世話にはなりたくない(>_<)

フルフル

 

皆さんは医療ドラマはよくみられますか?
私はあまりドラマは観ないのですが、白い巨塔(唐沢さんと江口さんの出演していたやつ) A LIFE  医龍 ドクターXは観ていました(とくに後半ふたつは原作の漫画をよく読んでいたので、ドラマ化をとても楽しみにしていました)

今週末で最終回にはなってしまいますが、日曜日のブラックぺアンもとても楽しみに毎週見てます!

 ↑上の高階先生の手術画像ですが、左側に心臓のイメージが映し出されているのがお分かりですか?
外科の先生って、CTやレントゲン、エコーで検査した画像を総合して頭の中で組み立てて、それをもとに手術するべき箇所やそこまでのアプローチをシュミレーションしながら手術してるんだよっていうのが良く分かる映像です。

またドラマのあちこちでお医者さんたちが一所懸命勉強したり、論文調べたり、手術のシュミレーションしていたり、手術用糸を結紮練習したのが椅子の背に無数に結ばれていたり、壁一面に貼られた手術計画書を見ると頑張ってるなあ、とても!!って共感します。

あくまでドラマはフィクションで作りものなのですが、その中で目の前の患者さん、未来の患者さんを救おうと懸命になっている姿はたいへん尊いものです(^。^)y-.。o○

 

まったくもって余談ですが、渡海先生役の嵐の二宮さんの演技は本当にすごいですね(゜o゜)

左利きと伺ってますが、ドラマの中での役は右手で手術されていました。
私が左手で結紮や縫合ができるようになるまでには何年練習しないといけないことでしょう(;一_一)

私はジャニーズファンではないのですが、二宮さんの演技はとても素晴らしいのでよく注目してます。ちなみに私の中での二宮さんの二番目に好きな役が今回のブラックぺアンの渡海先生♡で、いちばん好きな役が

 ↓ 映画『暗殺教室』のコロ先生です♡ (とても同一人物には見えない(>_<)

フルフル

最近雨ばっかりで憂鬱な日が続きますが、お休みの日はもっぱら猫とお家で引きこもってる柘植です。

はやく夏がきてほしいものです。

 

さて今回はネコちゃんのおしっこの病気についてお話します。

猫を飼っている方の中で

『あれ?今日のトイレはやけに長いな』『さっきもトイレにいったのに、またトイレにいってるぞ?』そんなふうに思ったことはありませんか?

 

慌ててトイレの中をみたら、おしっこがちょっとしかでていなかったり、血尿であったり、そんなことを経験された方も少なくないはずです。

猫のおしっこの病気にはさまざまな原因が考えられ、おおきくわけて以下の5つに分類されます。➊感染症 ❷尿石症 ❸腫瘍性疾患 ❹先天性疾患 ❺ 1~4にあてはまらない血尿や排尿困難 

実は、猫の下部尿路疾患において❺が全体の60%をしめているともいわれており、最近ではFIC:Feline Urologic Syndrome 特発性膀胱炎といわれています。

今日はこの猫の特発性膀胱炎についは少しお話をします。

 

特発性という言葉が示す通り、原因は不明といわれています。しかし、ここ最近ではこの病気に対する研究も進みいくつかの可能性が示唆されるようになってきました。

膀胱粘膜の機能障害、免疫学的な原因、そしてストレスとの関連性。

特に音に敏感な猫はFICになりやすいともいわれています。ここで考えてみてください。ご自分の猫はどんなことが苦手でしょうか?ストレスを感じていそうですか?ほかの猫と比較して何かに敏感だったりしませんか?

 

FICの主な症状としては、頻尿、不適切な場所での排尿、排尿痛、血尿などです。特に、男の子は尿道内にタンパク質の塊(尿道栓子といいます)ができてしまい、おしっこが全くだせなくなることがあります。おしっこがだせなくなるというのは、とても大変なことです。単なる膀胱炎と思われるかもしれませんが、命にかかわります。

 

治療としては、まず原因となるストレスの除去です。

 

原因となるストレスの除去、環境の改善とともに、飲水量の増加、内科治療(痛み止め、抗不安薬、抗痙攣薬etc….)、食事の変更などを行っていく必要があります。(詳しくは獣医師に)

 

今回、ご紹介した特発性膀胱炎(FIC)ですが、特効薬もなく、治療は長期にわたりさらに再発もよく認められる、いやーな病気です。症状にも気づきにくく、重症化すると命にかかわります。治療においては、原因となっているストレスが何なのかを飼い主様が把握することがカギです。治った後も、『治ったから大丈夫!』ではなく、猫が少しでもストレスを感じないような環境づくりをしっかり考えていきましょう。気になることがあれば、気軽にスタッフにお尋ねください。

 

1日1回はペットシーツの確認をするようにこころがけています。

本人はのぞかれて不服そうですが・・・・・

(1歳 ♂ おび)

 

獣医師 柘植