看護師日記

こんにちは
蝉も鳴き始め、夏を感じますね☀️
早速日焼けをした松岡です(笑)

この前パルスタッフのシロ君のブラッシングをしました!ブラッシングしてもしても、抜け毛が多くてとても大変でした💦が、頑張った結果…
シロくんふわふわになりました✨

ここでブラッシング方法を紹介します!
①おやつやおもちゃを与えながら、ブラシを痛くない程度に軽く体にあてる
②最初は、ブラシの歯側ではなく、背側を軽くあてる程度にする
③嫌がらないようなら、ブラシの歯側を体にあてる
④慣れてきたら、絡まっているところを無理にほぐそうとせず、表面を軽くなぞるようにブラッシングをする
⑤さらに慣れてきたら、地肌にもブラシをあてる
⑥あまり長時間行わず、1回につき10分程度に留める
⑦終了後はおやつをあげたり、たくさん褒めてあげる
【ポイント】
・できるだけ力を抜いて、優しく、柔らかくブラシをあてる
・皮膚が傷つく原因となるので、同じところを何回も繰り返してブラッシングしない
・嫌がっても叱らず、力で押さえつけて無理に行うようなことはしない

また、ブラッシングはできるだけ楽しい雰囲気で行いましょう。犬が痛がったら無理に行わず、しばらく時間を置きましょう。
毎日のブラッシングは、飼い主さんと愛犬との絶好のコミュニケーションです。また被毛や皮膚の健康状態を維持するためにも、ブラッシングは欠かせません。愛犬のタイプに合わせたブラシを選んで、楽しくブラッシングをしてくださいね。
みなさんも、この方法を参考に我が子のブラッシングに挑戦してみてください🎵

月別アーカイブ