看護師日記

皆さんこんにちは(*´꒳`*)
動物看護師の黒瀬です🍀
GW10連休というビックイベンが終わり、季節もあっという間に梅雨入り間近となりました。
この時期のわんちゃんたちのビックイベントと言えば!狂犬病の予防接種です💉
そもそも、なぜ狂犬病の予防接種が必要なのでしょうか?
狂犬病は、人と動物の双方に感染をする人獣共通感染症に分類されます。
日本国内では1956年以降人での死亡例はありませんが、世界的に見ると毎年何万人もの人が命を落としている現状です。
国内での蔓延を防ぐために、
犬の飼い主には
(1)現在居住している市区町村に飼い犬の登録をすること
(2)飼い犬に年1回の狂犬病予防注射を受けさせること
(3)犬の鑑札と注射済票を飼い犬に装着すること
(厚生労働省HP狂犬病より引用)が法律により義務付けられています。
飼い主様よりこんなご相談を受けることもしばしば
(1)(2)はできているんだけど、鑑札と注射済票はつけてないのよね・・・
鑑札も注射済票もどうやって付けていいかわからない・・・
首輪に付けてもすぐ取れちゃうし・・・
実際、首輪やハーネスに着けるのってなかなか難しいですよね( ˘•ω•˘ )🌀
そこで!こんな写真をご紹介!
先日飯塚分院に来院してくれた、よんちゃん・ろくちゃん・はちちゃんの首輪には鑑札と素敵なケースに済票が入っていました
このケース、革でできているんですが、なんと!!パパのお手製なんです
一針一針、愛情こもった細かい縫い目が綺麗✨
撮影のご協力ありがとうございました😊
いかかでしたでしょうか?
手作りとまではいかなくても、ペットショップやネットでも可愛いケースが手に入るようです(^^)
まだお手元にない方は、ぜひ一度探してみてはいかがでしょうか?
まとめ
生後91日以上のわんちゃんと暮らしている場合
◆飼い犬の登録を行いましょう
※1頭の犬につき生涯1回です(引越しなどを除く)
◆お住まいの市区町村が行う集合注射または、動物病院にて狂犬病の予防接種を受けましょう
◆わんちゃんに「鑑札」と「注射済票」を身につけさせましょう
以上、黒瀬でした🍀

月別アーカイブ