看護師日記

2019.02.25

肛門腺のお話

こんにちは
春が近づき花粉症に怯える大庭です。
今年は少しでも花粉を寄せ付けない
ためにメガネでも作ってみようかと
考えてます👍笑
 
話は変わりますが、先日私の猫ちゃんの
肛門腺が破裂してしまいました😢
 
肛門膿炎になっにいるのに気づいた時
にはかなり腫れ上がっており、最初
見た時には腫瘍と勘違いしてしまう
ほど皮膚も変色していました。
 
猫ちゃんは犬と違い肛門腺が
溜まっていてもなかなかサイン
を出しきくれないです。
 
犬ちゃんはよくお尻を床に
擦り尽けたりしてアピールを
してくれるのが有名ですよね😊
 
 
従来く肛門腺の働きは、肛門腺の臭い(分泌物)を付ける事で他の猫とのコミニュケーションをとったり、縄張りを誇示するために臭いを付けると言われています。
 
家庭猫ちゃんは外でコミュニケーションを
取る機会がなく、排泄と同時に出す子が
ほとんどと思いますが、中には溜まりやすい
子もいるみたいです😖
 
猫ちゃんの一番見つけやすい仕草は、
肛門周りをしきりに舐めていたり
食欲元気が落ちてきます。
 
 
現在我が家の猫ちゃんは順調に回復中です👍
 
 

月別アーカイブ