獣医師日記

歯石や歯周病は年をとればとるほどなりやすい病気です。
でも無麻酔での歯石除去はわんちゃんに恐怖心を与えるだけでなく、歯肉を傷つけてしまったり、ひどい例では顎骨折も報告されてますので、どうしても麻酔をかけての処置が必要になってきます。
シニアのわんちゃんは麻酔をかけられるかどうかの全身チェックがたいへん大事になってきます。

先日も11歳のパピヨンちゃんの歯石取りをすることになり、血液検査、レントゲン、心電図、血圧、心臓エコー検査+高齢者向け麻酔のフル装備で行ってみました。

歯石を除去する前の歯の状態です(>_<)

IMG_0792

こちらが除去後。ぴかぴかの歯になりました。

IMG_0794

ちなみにこの子は実は去年も手術させて頂いてます。
胆石で緊急胆嚢摘出手術を行った子です。
今年で11歳ということは人間でいえばもう60歳なのですが、おめめキラキラでたいへん若く見えます。美魔女というべき年齢のはずですが美少女のように可憐です(^_^)/

IMG_0790

フルフル

月別アーカイブ