獣医師日記

こんばんは!獣医師の宮本です。

チワワちゃんに多い病気はいくつかありますが、今回はその中でも非常に怖い病気の一つの

“心臓病”について紹介します。

 

チワワちゃんに多いこの病気は“僧帽弁閉鎖不全症”といって、心臓の中にいくつかある弁のうち、

“僧帽弁”という弁がしっかり閉じなくなり、心臓の中で正常では生じない逆流が起こってしまう

病気です。少しわかりにくいので、下に写真を載せました。

20130701074859.jpg 

 

矢印の部分で逆流が起きてしまいます。

これにより心臓のサイズが大きくなってしまうので、咳をするようになったり、血液の流れが悪くなって

しまうので、疲れやすくなったりしてしまいます。さらにひどくなると、肺から心臓に戻ってきた

キレイな血液が、逆流のせいで肺に押し戻されるため、肺が血液でアップアップになってしまって

水浸しになる“肺水腫”というとても危険な状態になり、そのまま亡くなってしまうこともあります。

(わかりにくい説明すみません。放っておくと非常に危ない状態になるということです。)

 

治療については、獣医療の世界では、人のように心臓外科が一般的に行われていないため、

薬によるコントロールを行なっていきます。今より悪くならないように血圧や心臓の動きを

うまくコントロールしていくとう形です。

 

 

肺水腫になると、その殆どがいわゆる“エマージェンシー”状態となるため、緊急治療が必要になります。

緊急薬を投与して、ICU(酸素室)で集中管理を行なっていきます。

 

下の子は先日“肺水腫”になり、非常に危険な状態になりましたが、奇跡的に一命を取り戻した

「福助ちゃん」です。

DSC_1980.jpg 

  

最近咳をするようになったということで、パルに初めて来られました。そのまま預かって心臓を

検査しましょうということになったのですが、検査の途中で急に呼吸不全(肺水腫)になり、

そのまま緊急治療を行うことに。生死の狭間を何度もさまよいましたが、なんとか一命を取り戻してくれ、

今は元気に病院に通っていますSmile

 

本当に大変だったね、これからも頑張ろうね!!

DSC_1136.jpg

宮本


月別アーカイブ