腹腔鏡手術治療例

腹腔鏡下避妊手術

腹腔鏡下による避妊手術は従来の手術法と違い

お腹を大きく開けることがありません。

手術の方法としては、3〜5㎜程度の小さな穴を3箇所開けそこにトロッカーという特殊な器具を設置します。


このトロッカーはカメラスコープや鉗子を腹腔内へ通す通路(トンネル)のような役割になります。

この通路を使っての作業になる為小さな傷で手術を終えることが出来ます。

腹腔内にはスペースがない為、トロッカーを挿入し、鉗子やカメラスコープで安全に作業を行いやすくする為に気腹といって腹腔内に二酸化炭素ガスを注入し、お腹を膨らませてスペースを確保します。

トロッカーにカメラスコープや鉗子を挿入し、卵巣子宮を探していきます。卵巣子宮が異常な構造ではないかの確認を行い摘出をしていきます。

摘出には鉗子とカメラスコープとシーリングシステム(熱で血管などの処理を行う器具)や超音波凝固システム(超音波による凝固カットを行なう器具)

を使用し摘出していきます。

カメラスコープで全体的な腹腔内の確認も行います。

肉眼では見えにくい血管走行や小さな異常病変がないかなど腹腔鏡だからこそ確認することができます。

最後にトロッカーを抜き、気腹を解除し縫合処置になります。

通常の避妊手術では、手術の行程上卵巣を牽引する必要があり強い痛みが生じます。腹腔鏡下で行う場合は、卵巣をほぼ牽引することなく本来の位置で切除することが可能な為痛みがかなり軽減されます。

また、術後の傷も通常の避妊では8から10センチ程度の傷ができますが、腹腔鏡下で行う事で5ミリから1センチ程度の傷が3つで済みます。

傷が小さい事も痛みの軽減に大きく作用し、術後の回復の早さにつながります。

術中の痛みが少ない為、必要麻酔要求量を減らす事ができ、体に負担の少ない優しい手術となっています。

人の医療では、一般的になっている腹腔鏡手術ですが、獣医療ではまだ一般的とされていません。

当院では、できる限り痛みや体への負担の少ない手術の提供をという思いのもと腹腔鏡手術を導入しています。

避妊手術は一生に一度のことです。大切な家族である動物さんにとって、より良い手術の提供が出来ればと考えています。

 

腹腔鏡下肝臓生検(肝生検)

肝臓生検とは、直接肝臓の一部組織を取りその組織を病理学的検査にかけ

肝臓の構造変化(血管・胆管の発達具合や異形成)や先天性もしくは後天性による肝臓の異常など病気の診断に必要な情報を得る検査です。

 

肝臓生検は肝臓から直接組織を採取するため、本来ならお腹を10センチ程度開く必要がありますが当院では腹腔鏡下で行なう事により、お腹の傷は5ミリ程度のものが2ヶ所のみの小さな傷で出来る検査になっています。

 

さらに目視下で肝臓・胆のうの状態(色・形など)の確認もしっかり行うことができます。

執行ミミ

お腹を開けない検査のため時間の短縮 痛みの軽減 術後の回復の早さ 体温の維持

痛みが少ないことにより必要麻酔量を最低限にでき麻酔によるリスクの軽減など

患者さんに負担の少ない体に優しい検査になっています。

 

肝臓生検は

血液検査における肝臓の数値の異常=肝臓生検をすぐに行うというわけではありません

 

肝臓の数値に異常がある場合に行う検査ではありますが

肝臓の数値が異常をきたす原因は多くあります

・食事性ではないか?

・胆嚢の異常や腫瘍ではないか?…etc

そのため、健康チェックなどの血液検査で肝臓の異常が発見された場合

原因追究のために血液検査以外にエコーやレントゲン検査(必要があればCT)など画像診断を行います。

それでも診断がつかない場合肝臓生検が有効な検査になります。

 

今までは開腹下での肝臓生検が一般的でそれには強い侵襲が伴うため

有効的な検査ではありますがあまり勧められてきた検査ではありませんでした。

ですが、腹腔鏡下で行うことにより低侵襲で行うことのできる検査になりました。

リスク・侵襲度合いなどが大幅に低くなったため

検査を勧める獣医師としても飼い主様(動物さん)としてもハードルが低くなり受け入れやすい検査となっています。