パル日記

2018.12.09

掲示板!!!

こんにちは‼
看護師の小柳です‼
もう少しで、クリスマスということで、パルの前にある掲示板をご紹介させてもらおうと思います‼
パルの掲示板なんですが、皆さんは見たことありますか?
病院の前の第二駐車場よりにあります‼
季節により、クリスマスであったり、ハロウィンなどいろいろな飾り付けになっているので、皆さんも病院に来られた際は一度見られてみてはと思います‼
掲示板には、現在行われているキャンペーンや、病院のワンちゃんやネコちゃんの写真が飾ってあるのでチェックしてみてください‼
この、装飾は古沢先生が毎回、オシャレに作られています‼
今回は自分もほんの少しですが手伝わせて頂きました‼
 
他にも、いろんなところに古沢先生のアイディアがあるので皆さんも病院に来た際は探されてみてはと思います‼
以上、小柳でした‼

急なお話ではありますが、

前田先生が12/10~12/13までお休みを頂いております。

前田先生ご希望の際にはお電話にて事前にお問い合わせ下さい。

ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

こんにちは。美味しいものが増える季節になってきてウキウキな片岡です。

 

最初に私が先日ニュースで目にして驚いた話をすこしさせてください。

みなさんは聞いたことあるでしょうか「新型栄養失調」というワードを。

私は先日初めて聞いて、ニュースにくぎ付けになってしまいました。

簡単にいうと「3食しっかり食べているにもかかわらず、栄養失調状態になること。」みたいです。

まあ人の食事とは朝昼夕の3食といわれますが、食数は基本的に関係なくて大事なのは「食事内容」なんです!

好き嫌いが極端だったり、一定の栄養素を長期的に摂取しないことで前記のような状態になるようです。

私にも好き嫌いはありますが、こんなに大きく育ったのは嫌といっても食べさせてくれた両親のおかげでしょう(笑)

 

さて、ここでペットの子たちの話しにいきましょう。

診察室でよくスタッフから「体重が前回より増えてますね」「前回より減っていますが、意識的にですか?」

というようなお話しをされているのを聞くことがあります。

実際、体重の増減で病気の可能性があったりするので遡って比較することは多くあります。

ですが、飼い主様たちは毎日見ているせいか、ささいな体重変化に気づきにくいことがあります。

「この子は太っている?」「痩せすぎ?」「ご飯の適切な量がわからない…」

という飼い主様多いと思います。

太っている・痩せていることを知る目安に「ボディコンディションスコア BCS」とありますが、

なかなか判断が難しいことがあります。

 

最近体重測ってないな。年齢も上がってきたしご飯の種類変えようかな。

という方は1度現在の体型を見直してみてその子にあった理想体重を知ることから

始めてみるのもいいかもしれません(*’▽’

ペットの子たちの栄養管理は飼い主様にかかっていますから、不安なことがありましたら

気軽にスタッフにお尋ねください。

次の診察のときにご飯の相談がしてみたいな。という方はフードの表示の写真を撮っておくと

スムーズかもしれませんね(*^_^*)

 

結局、食べ物の話しに落ち着いてしまうかたおかでした。

年末年始の休診のお知らせです。

12/30(日)~1/3(木)までが休診となります。

ただし、当院かかりつけでカルテがある方に限り、午前中のみお電話での急患対応になります。

 

お待たせいたしました。12月の獣医師出勤表です。

この度、獣医師の勤務体系の見直しが必要となり、その為11月より獣医師の出勤形態が変更となりました。

飼主様皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

※12/6・12/13・12/27は半日手術集中日のため12/20は院内会議のため午後休診となります。

※12/29は院内研修のため、受付時間を18:00までとさせていただきます。飯塚の受付時間は13時までとなりますので気を付けられてください。

クリックすると大きくなります。

ご不明な点は、スタッフまでお尋ねください。

こんにちは。

最近、原因不明のアレルギー反応に困っている片岡です。

 

少し時期がズレてしまいましたが、ハロウィンの時期に

可愛い仮装で来てくれたご家族をご紹介します。

テンちゃん・モカちゃん・ノアちゃん・ラムちゃんです😍

 

みなさん個性的で可愛い格好で挨拶してくれました!

左上と右下はイチゴとリンゴなのでみなさん惑わされないでくださいね☺

 

街並みはハロウィンが終われば、すぐにクリスマスですね。

次はどんなお洋服をきて挨拶にきてくれるか楽しみにしています!

今回もみんなで撮影にご協力ありがとうございました。

 

以上、片岡でした。

看護師の長冨です❀
朝晩はもうすっかり寒くなってきて、
寝る時にモコモコ靴下を履いています。笑
 
今時期に毎年よく質問を受けること、
「フィラリアのお薬いつまで飲ませたらいいの🙄?」
もう寒くなってきて蚊なんて見ないし、
もう飲ませなくてもいんじゃない?とお思いの皆様。
それでは今までしっかりしてきた予防が台無しです😱!!
 
フィラリアの予防期間は
4月末、5月頭〜11月末、12月頭までです!
いつも月初めに投薬の方は12月まで、
月終わりに投薬の方は11月まで、
今からが最後の詰めですのでしっかり飲ませてあげましょう💊
 
またノミダニの予防も大切ですよ🌱
寒いとはいえども暖冬と言われていたり、
暖かいお家の中で越冬するノミダニたちも!
フィラリアシーズンは一緒にノミダニ予防される方も多いのですが、
終わってしまうと抜けがち……
ノミダニのお薬には月一回飲ませるタイプ、
付けるタイプ、飲ませたら3ヶ月効くものもあったりしますので、
詳しくはスタッフまでお尋ねください♬*゜
 
毛が伸びてきてもじゃもじゃな2人は
12月までフィラリアのお薬飲みます( ¨̮ )
 
ながとみ
こんにちは!
最近休みの日は家にこもってるハマーです(・ε・` )
外でると風が寒くて耐えられませんσ(´・д・`)
 
 
今日はパルが行っている試みをご紹介致します‼
『避妊・去勢すると体重が増えると聞いて、しようか迷ってる…!』
『特殊なフードは値段が高いから試すのも迷ってしまう。』
という声が多かったので、こんな試みを始めてみました‼
 
避妊・去勢手術を受けていただいた方に、避妊・去勢用フードを500円で購入できる!というキャンペーンを始めました!
手術でお預かりする時にご希望を聞く形をとっております\(^o^)/
また、購入を希望された方に限り、
・その子に合わせた1日必要カロリー
・食べ終わった際の体重測定検診無料
などの特典つき☆
 
これを期にもう一度手術を考えてみるのも良いかもしれません(*´ω`*)
また、棚の横の飾り付けもハマーと長冨さんと小柳くんで頑張って作っております!

見て楽しんでいただけると嬉しいです♥

 

それでは、ハマーでした@ ‘ェ’ @
こんにちは‼
寒くなり、布団からなかなか出れずに困っている、看護師の小柳です‼
先日、自分のイチオシの居候犬シロちゃんが頑張ってくれていました‼
シロちゃんが何を頑張っていたのかというと、供血です‼
わんちゃんやねこちゃんも、大きな病気や怪我をして手術等をするとき、あるいは貧血性の病気の治療をするときは、人間同様、輸血が必要なことがあります‼
人と違い、わんちゃんやねこちゃんの場合は献血を行い保存しておくような血液バンクなどの仕組みが現状でほとんどありません!!
このため、パルでは供血犬、供血猫として頑張ってくれている子達がいます‼
この子達のおかげで命が助かった子もたくさんいます‼
 
供血が終わった後はおやつをもらいご機嫌なシロちゃんでした‼
以上、小柳でした‼
 
 

今日は久しぶりに本業(?)の腫瘍外科のお話です。
しばらく手術症例の投稿ができていなかったのですが、最近、お盆前からずーーーっと治療していた子がようやく治療終了になったのでご紹介させていただきます!

ちょうど長崎の日でしたか、前日急に倒れて虚脱状態、呼吸困難で来院された8歳9か月のわんちゃんの胸部レントゲンがこちら ↓ (すいません、画像が左右反転してます。右側がこの子の頭側です)

胸部レントゲンだというのに心臓が見えず、気管も背中側に押しやられていてなにやら真っ白な影が画面いっぱいに広がっています。
エコー検査を行うと心臓の頭側に大きな腫瘤が見えました。すぐに針生検を行ってこの子の胸部の腫瘍は胸腺腫の疑いが出ました。が、これだけ巨大だとすぐに外科摘出を行うのは大変危険です。

胸腺腫には安全に摘出可能かどうかのガイドラインがあり、あまり大きすぎる場合は(日本に一桁しかいらっしゃらない超凄腕腫瘍専門医以外は)外科適応ではなく、放射線治療や内科治療の適応になります。

ちょっと見にくいですが、この子の胸腺腫の状態を客観的に測定したものがこちら↓↓
スコアは45点中37(数値が小さい程状態が良い)で今の段階では手術不適応レベルです(>_<)

すぐに外科手術できない理由はもうひとつあります。

大きな胸腺腫があるために血液中のカルシウムの値が高くなって虚脱状態になったり、心臓の動きに影響が出たり、重症筋無力症という病気を引き起こしてる場合がとても多いのです。
このわんちゃんの場合も来院時倒れて呼吸ができにくい状態でしたのでまずは内科治療から始めました。
酸素室に入院していただき点滴と治療を開始すると、翌日には虚脱状態から立ち上がれるくらいまで回復しました。
そのまま盆明けまでねばったところ胸腺腫スコアも8日間で37点から21点まで下がり手術適応ギリギリレベルまで改善できました!
下の左側が8日目のレントゲンです。正常な黒っぽいところが増えてきているのがお分かりかと思います(右に比較のため初日の左右反転しているレントゲンを載せています)

無事に酸素室から出ることができたので、その後は退院し、ご自宅での内科治療をがんばっていただいて2か月後、根治治療のために外科手術で胸腺腫を摘出させていただきました。

手術当日のレントゲンとCTです

 

3D-CTにしてもらうとこんなかんじ↓↓(緑が腫瘍 赤が心臓と大血管です)

腫瘍の大きさは心臓よりひとまわり大きいぐらいでしょうか?
蜘蛛の巣のように腫瘍に血管がまとわりついてます。この血管は胸腔内の大きな動脈や静脈から分岐してきているので術中操作を間違うと破裂して大出血を引き起こしかねません。というわけで術中はこの血管を剥離して確実に止血していくのにいちばん苦労しています(>_<)

これだけ腫瘍が大きく前胸部にある場合は胸の正中、胸骨を縦切開してがばっと大きく胸腔を開いて腫瘍を摘出します。(開胸しても腫瘍が大きすぎて心臓肺が見えてきません↓)

これは腫瘍がとれたところ。

時間はかかりましたがキレイに摘出できました。手術は大変過ぎて久しぶりに足腰ガタガタにはなりましたが…
術後の出血も少なく、痛みのコントロールも良好だったため順調に回復することができましたヽ(^o^)丿

 

補足ですが、胸腺腫は小さいときはまったくの無症状です。巨大になるまでほぼ症状が出ないと言っていい腫瘍です。健康診断をマメにしていればどこかで引っかかってくる可能性はありますが、それ以外では腫瘍が小さいうちに発見することはまず不可能だと思っていただいてもいいと思います。
また胸腺腫はたいへんえげつない大きさに成長し重篤な症状がでますが、そのほとんどは良性の腫瘍です。
早いうちに外科摘出することで完治が望める腫瘍のひとつでもあるということを知っていただくとうれしいです。

フルフル

 

 

 

月別アーカイブ