パル日記

桜のシーズンはあっという間に終わってしまいましたが、みなさんはお花見など春を満喫されましたでしょうか🌸?
こんにちは、動物看護師の黒瀬安寿加です(*´꒳`*)
 
さて、このブログが掲載されているパル動物病院のホームページ✨
実は最近、色々なページが少しずつ変わってきていることにお気付きでしょうか?
開いて最初に出てくる写真は、来院してくれた動物さんや飼い主様、そしてスタッフに協力をしてもらって作成をしました☺
手術の紹介写真にはパルの獣医さん全員が登場していますが、先日何名かの飼い主様に「あの写真かっこいい❤」「日頃診察室では見ない顔を見れてよかった」と高評価のコメントをいただきました!
 
 
さらに、ホームページの中には「当院でできること」というページがあります。
可愛いイラストのボタンがそれぞれのページの入り口になっており、実際に当院で治療や診断、手術等、日々の診療で行っていることを文章と写真を組み合わせてわかりやすく紹介しています。(中には、手術の写真などが含まれていることもありますので、苦手な方は閲覧時気をつけられてください。)
 
現在、ページを見て下さる皆様が、わかりやすい内容や見やすい掲載方法、そしてよりパル動物病院のことを知っていただこうとホームページを担当するスタッフが検討を重ねながら作っています✨
初めて来院される飼い主様、日頃より当院にかかっていただいている飼い主さまがこのページの掲載内容を見て来ましたとおっしゃって下さることもあり、隅々まで目を通して下さっていることがとても嬉しく、スタッフの励みにもなっています✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。
 
今後も少しずつではありますが掲載内容が変わってくると思いますので、まだご覧になられていない方も、今までずっと見て下さっている方も、ぜひ!!更新をチェックしてみて下さい。
 
また、ホームページの内容に関して「ここは見にくい・わかりにくい」「こんな内容を掲載してほしい」などありましたら、待合室や診察室でお気軽にご意見やご感想をお聞かせ下さい😊
 
黒瀬でした🍀

皆さんはアロぺジアXという脱毛症をご存じでしょうか?

いろいろな犬種に発症しますが、おもに中高齢のポメラニアンちゃんが多く、顔、手足の先端以外の毛がまるで洗いざらしの毛布のようにボソボソになったり、サマーカット後に毛が生えてこなかったり、進行すると地肌が見えるほど脱毛してしまう疾患です。
命にかかわることはないのですが、ほぼ治らないとされてきた脱毛症だけに飼い主さん、獣医師を悩ませる疾患のひとつといえます。

原因は女性ホルモン、男性ホルモン、甲状腺ホルモンや副腎ホルモン成長ホルモンなどの異常と諸説ありますが、いまだにホントの原因は解明されてません。そのため、治療も上記のホルモン失調の治療の他に、発毛を促すメラトニンや人間の円形脱毛症のお薬を使ったりしますが、効果的な治療が無いのが現状でした。

が、しかし、最近導入した抗酸化成分配合のサプリメントで2か月で見事に発毛☆した患者さんがいらっしゃいましたのでご紹介します。

患者さんはシニアのポメちゃん。
肺と胆嚢疾患があり、甲状腺機能低下症もあるので数年治療させていただいてます。
画像のようにお顔の毛はフサフサですが、首から下の毛が脱毛、生えている場所でもぱさぱさです。

 

そして左が治療前、右が治療後の画像です。

 

ちいさい画像ではわかりにくいかもしれませんが、首の毛のところをクローズアップしてみると、黒ずんで脱毛していた地肌が健康的なうすピンクになり、嬉しいぐらい密に毛が生えてきてます!

持病の肺や胆嚢への悪影響もなく、飼い主さんにもたいへん喜んでいただけました。でもまだお尻のところの毛が薄いのでこれからも治療継続していく予定です。

ちなみにこのサプリメントはネットでは販売されてませんでしたので、気になる方は主治医の先生に相談されてみてください(^o^)/

フルフル

うちの子は5月始めに狂犬病予防接種をしたのですが、住んでいる場所が水巻ではなく八幡西区なので、黒崎コムシティ区役所に届けを出しに行ってきました!(ちなみに狂犬病担当の部署は6階の保健所です)

犬シールと一緒に済票頂きました♡

 

 

ちなみにこちらは実家で飼っていた柴の梨花ちゃんの15歳の時の狂犬病予防注射済票とお守り♡
済票の形は地域によっていろいろ違うのですが、実家の筑後市ではこのボーン型を採用しているようです。

 

ちなみに今月初めにブログで報告させていただいたタイでの狂犬病流行ですが、5月21日現在で人間の感染者9名、犬805頭、牛66頭、猫33頭に増えたそうです。路上の野良犬たちを保護して6月に届く予定の狂犬病ワクチンを接種するのを待っている状態と記事には書かれていましたので、狂犬病のワクチンがタイ国内では不足している厳しい事態なのではと考えられます(ToT)

去年のタイでの狂犬病死亡者は11名(感染した方は全員死亡)だったそうなので、これ以上の災禍が拡がらないことを祈るばかりです。

伝染病の流行阻止には集団免疫という考え方があって、感染する動物の7割程度ににワクチンなどで抗体を作っておくと流行を阻止できると考えられています。
過去日本で狂犬病伝染のいちばんの原因は、感染発症して狂乱状態になった犬からの咬傷だったので、日本では過去の災禍を繰り返さないために法律でわんちゃんへの狂犬病予防接種が義務付けられています。

ですが、超高齢であったり持病があったり、またワクチンアレルギーなどで接種することができないわんちゃんもたくさんいます。
健康で、ワクチンアレルギーでないわんちゃんはできれば狂犬病予防に協力していただきたいと望んでいます。

フルフル

2018.05.30

飼い主として

こんにちは、大庭です😭
最近暖かくなってきましたね🌸
 
我が家のアイドルのぷっちくん
2月に11歳を迎えました🐕
だいぶお顔も白くなってき、寝る
時間も増えシニア期真っ只中なんだな
と感じる事が多くなってきました。
 
そんなぷっちくん先日手術をさせて頂きました。
 
肩に出来た脂肪腫の切除と歯石除去手術です。
 
信頼できる先生方にお願いしましたが、
一飼い主の立場で考えるとシニア期に
麻酔をかけることすごく不安が増りました。
 
ですが当院では、手術の前に必ず血液検査で
内臓機能のチェックと心臓検査もして下さいます。
麻酔をかけれる状態かどうかを判定
した上で手術を行います。
 
この手術前の検査があるからこそ
より麻酔をかける事に対し、安心感
が得られます😊
私も安心して手術を見守る事ができました💕
 
ぷっちくんは無事に手術を終え
歯石除去もし、きれいな歯に蘇りました😊
診察でも手術でも、疑問や不安な気持ちは、愛犬や愛猫を飼ってるからこそ分かる気持ちです。
改めて飼い主としての気持ちを考えさせられました。
これからも患者様の気持ちを忘れず
寄り添える看護を目指して頑張って
行きます。
 
 
大庭

2018.05.27

マダニ予防

今回は、マダニについて話して行きたいと思います‼︎
最近気温も上がり、マダニをつけてくるわんちゃんやねこちゃんを見かけることが多くなってきました‼︎
先日、本院や飯塚でもマダニをつけてきたわんちゃんが来院されてきました‼︎
 
マダニは森や林だけでなく都会の公園や川原などもマダニの生息しているので、草むらや茂みの多い場所は特に注意が必要です‼︎
マダニは多くの病原体を媒介します‼︎そのため、吸血による貧血や皮膚炎だけでなく、命をおびやかす病気にかかる危険性があります‼︎ペットだけでなく人への感染症も報告されているため、わんちゃんやねこちゃんだけでなく飼い主様も注意が必要です‼︎
飼い主様の予防では散歩などの際に、
・草むらを避ける
・皮膚を露出した格好を避ける(長袖長ズボン)
・虫除けスプレーを活用する
などを行い予防を徹底しましょう‼︎
最近では、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)で亡くなったというニュースがあったと思います。2014年〜2016年のデータで178名の報告のうち35名が死亡している恐ろしい病気です。
これはわんちゃんやねこちゃんも感染します‼︎
わんちゃんやねこちゃんを守るためにも、日々の予防が大切です‼︎
予防薬もつけぐすりから飲み薬まで種類も多々あるのでその子その子に合ったものを先生と相談して決めるのが良いかと思います‼︎
以上、小柳でした‼︎

遅くなってしまい、申し訳ありません。

6月の獣医師出勤表です。

※6/7・6/21は半日手術集中日のため、6/14・6/28は院内会議のため、午後休診とさせていただきます。

(6/28の飯塚分院の受付時間を12:00までとさせていただきます)

※6/30(土)は院内研修のため、受付時間を18:00までとさせていただきます。

 

※獣医師の学会出席のため、出勤獣医師が少ない日があり、待ち時間が長くなることが予想されます。

来院の際はお時間に余裕を持ってこられることをお薦めします。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力お願いいたします。

朝晩は涼しく昼間はぽかぽか陽気と人も動物さんたちも過ごしやすくなってきましたね✨ですが季節の変わり目、飼い主の皆様、そしてわんちゃんねこちゃんは体調崩されていないでしょうか?
こんにちは、動物看護師の黒瀬安寿加です😊
 
今日は、当院で4月末まで行っていた「デンタルキャンペーン」を受けに来てくれたマロンちゃんをご紹介したいと思います✨
マロンちゃんは2年ほど前に歯のクリーニング(スケーリング)を受けて、その後のお口の中の状態が気になるとのことで先生と一緒にお口のチェックを頑張ってくれました。ご自宅では全く歯磨きなどのケアを行っていないとのことで、状態が少し心配でした。が😳😳!!!
 
こちらマロンちゃんの歯科検診報告書です!
ご覧下さい、診断書に「Good!!!」の文字が!コメント欄にも「すごくきれい!」とあります!!驚くほどきれいなお口に、診察をしていた先生も私もびっくりでした😳✨
 
人間の口腔内の歯垢(食べかす)は1週間ほどで歯石に変わるのに対し、動物さんの歯垢はたった3日ほどで歯石に変わっていきます。また、毎日歯磨きをする人間と違い多くの動物さんたちはお口のケアをしていないことがほとんど・・・。今回のマロンちゃんの様に、お口のケアをせずにぴっかぴかの歯!を維持できる子は極少数なのが実際のところなのです。
 
今このブログを読んで下さっている飼い主様の隣にいるわんちゃんのお口の臭い・・・気になりませんか? 
「気になるけど、うちの子は口を触ると嫌がる」
「毎日歯磨きをする時間がない」
「そもそも歯磨きなんて必要?」
 
こういった相談を受けることも少なくありません。
歯垢や歯石の中には数え切れないほどの細菌たちが潜んでおり、お口の臭いの原因になります。さらに悪い歯をそのまま放置し悪化すれば歯の根っこが溶けてお顔に穴が開いてしまう!なんてことにも😔・・・・。
最悪の場合、歯の病気が肺や心臓、肝臓、腎臓など全身の臓器に悪影響を及ぼすことだってあるのです🌀
余談ですが、こんなお話をすると、「うちの子とキスできなくなるわー」なんておっしゃる飼い主様も。うーごめんなさい😭💦
 
話が逸れましたが、まずお口の中の状態を知ることで年齢や生活環境を考慮したその子に一番適したケアを!飼い主様と一緒に見つけていく第一歩になればいいなと思っています☺🍀
(例えば、口を触ると噛みつく子にはわんちゃん専用の「おいしい歯磨き粉をなめる」ことからスタートしてみたり。お時間がない飼い主様には、「食後の歯磨きガム」を試していただいたり)
当院には、気軽に相談できるスタッフと色々なアイテムがそろっていますので愛犬のお口のお悩み、お気軽にご相談下さい😊
今回協力して下さったマロンちゃんと飼い主様、ありがとうございました🍀
黒瀬

こんにちは、片岡です。

最近、日常のちょっとした贅沢を楽しみに日々過ごしています。

先日は友人と温泉に行ってリフレッシュしてきました!笑

 

さて、以前掲載した私のブログでクイズがありましたね?

覚えていない方のためにもう1度

「これらは何のホネでしょうか!」

 

答えは  「すべて犬の頭蓋骨」 です!

残念ながら、犬種の特定までは至りませんでした… すみませんm(_ _)m

これらのホネを見るとわかりやすいですが、犬には多くの種が存在し、それぞれ大きな違いがあることがわかりますね!

   

  

当院のスタッフにも「短頭種が好き」「和犬が好き」「大型犬が好き」だったりと様々です。

その子その子の性格はもちろんですが、やはり犬種の特性を知るとまた違った角度から楽しめて、毎日が楽しくなります( *´艸`)

待合室に掲載してあるスタッフ写真を見て気になる子がいれば、気軽に声をかけてください!

スタッフも喜ぶと思います!

 

今回は、ワンちゃんに偏った話になってしまいましたm(_ _)m

次回はネコちゃんについて調べてみたいと思います!(^^)!

 

ホネシリーズは今回でいったん終了になります。

またいきなり始まったりするので、気を付けてくださいね!笑

いじょう、大型犬大好き:片岡でした!

先日お休みの日に映画を見に行ったのですが、
映画館の前にガチャガチャがいっぱい!!!
これは!と思いゲットしましたのでご紹介します(笑)
はい!そうです!被り物シリーズです!👏🏼
今までの被り物シリーズは浦野さんがよくブログにあげてくれていましたが、実は撮影の時いつもいました。笑
 
これ、『たまねぎ』なんです。w
ナスとかトマトとか、野菜シリーズのガチャガチャで、かわいい!と思ったら1番イマイチなたまねぎが当たってしまいました…笑
でもものほしくんならなんでも可愛く仕上がってしまいます💕
 
こちらは遠目のものくんですが、サンリオキャラシリーズ!(なんだかものくんムスッとしている気がしますがそこは気にしません。笑)
このキャラクター、小さい頃好きで大きい人形とか持ってたなぁと懐かしく思いました。笑
 
最近はガチャガチャもですが、300円均一のお店だったり色んなところでペットの変身グッズが売られているので、我が家の犬にも試してみようかなーとおもっています😋
 
また不定期に被り物シリーズ更新します(^O^)
ながとみ

GW終わっちゃいましたね(>_<)皆様はいかがお過ごしだったでしょうか。

フルサワは事情があってGW遠出できず、もちろんこのひと↓も巻き添えで遊びにつれていけなかったので、気分転換に自分の出勤日にパルに同伴出勤してきました。
そしてついでに狂犬病予防注射接種も(^o^)/

いまさらのお話にはなると思いますが、日本国内での狂犬病感染は昭和31~32年以降ありませんが、全世界でいまだに毎年約55000人もの人間が亡くなっている致死率の高い感染症です。
海外旅行中に犬にかまれて、無症状の長い長い潜伏期間後に日本帰国後国内で発症した患者さんはいちばん最近では2006年に報告されています。

 

今年は特にタイでの狂犬病大流行(動物感染例が468件、人間の死者が6名2018/3/21までの)がありました。
狂犬病は過去の病気と思わずに、(また、ワクチンをうってない狂犬病に感染した(可能性のある)動物は飼い主から引き離されて、治療はせずに亡くなるまで隔離される法律になってますので)自分ちの子を守るためと思って健康状態のいい時にぜひ狂犬病予防注射を受けられてみてください。

ちなみに過去に狂犬病予防注射アレルギーが出た子、3か月未満の子犬、体調不良の子、病気療養中の子は獣医師の判断で予防を免除されますのでかかりつけの先生とよく相談されてくださいね。

GW中は暑かったり強風で冷え込んだり、最後に雨が降ったりで気候の変化が目まぐるしかったです。
人間もペットも体調をくずされぬようお気を付け下さい。

↑ ちなみにこのひとは注射後、パルの駐車場で強風に吹かれて楽しんでおりました♡
フルフル