パル日記(月別一覧)

こんにちは!
最近お弁当を自分で作って持ってくるようにしてます。ハマーです‼︎
今回は新年明けて2ヶ月経ってますが、めでたいお洋服で来ていただいたのでご紹介です( ´ ▽ ` )ノ
猫なのに名前はポチちゃん♥
お利口さんな19歳の猫ちゃんです‼︎
DSC_0039
見ての通りのちゃんちゃんこなのですが、
何がめでたいかというと…
こちら‼︎‼︎
DSC_0037
開運柄なのです*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*
黒猫はやはり赤が似合いますよね♥
ポチちゃん皮下点滴に毎回通ってもらってるんですがおとなしくお洋服着て我慢できました☆
実はポチちゃんタオルが大好きで、皮下点中もタオルをかけてあげてると落ち着いて点滴させてくれるんです( ^ω^ )
可愛い長寿の開運猫ちゃんでした♥
それではハマーでした@ ‘ェ’ @

ほんのりと暖かい日がありますね・・・
二度寝が気持ちいい季節がやってきますヽ(*´∀`)ノ

さて、今回はとっても美ネコなメイちゃん!
人が大好きで待合室なのに喉を鳴らしてご機嫌です(*´∀`*)
DSC_0045 DSC_0049
1歳になったので記念の健康チェックに来院されました!
メイちゃんが受けたのは一般的な血液検査です。
結果はもちろん異常なし!さすがです(๑´ω`ノノ゙✧

動物は少しくらい具合が悪くても隠してしまいます。
野生の名残か、弱ってる姿を見せません。
このような定期的な検診は、物言わぬ動物たちの目には見えない体の状態を確認することができます。

フィラリア時期に合わせた検査セットや、人間ドックのような愛犬ドック、愛猫ドックなどもありますので詳しくはスタッフまでお尋ねください

メイちゃんありがとうございました!

 

アッキー

 

こんにちは
大庭まきです
もう早い物で今年に入り2ヶ月も立ってしまいました
2月の響きは、寒い冬ももうすぐ終わりを迎えそうな予感がしませんか?
それでもまだまだ寒いのが現実{{ (>_<) }}笑
この時期に油断ができない事と言えば、関節炎です。
特に高齢犬にさしかかるワンチャン、ネコちゃんには注意が必要です。
冷え切った身体を急に動かすことで、関節を痛めてしまう危険性があります。
後は、食欲の低下や足を浮かせている、触ると怒る、いつもより歩かない、段差の上り下りができない、
など様々な要因から関節炎は想像できます。
幸いサプリメントや体重のコントロールなどの予防法もあります。
そして嬉しいことに、3月頃~関節と体重コントロールができる何とも心惹かれるフートが新発売されるそうです!
願ってもない組み合わせに私たちスタッフも興味津々です(^^)/♪
当院にもサプリメントやフードを多種類ご用意しておりますので気になった方は是非お声をお掛け下さい。
Image
まだまだ寒い冬、
みなさまもお体にお気を付けて(#^.^#)
大庭まきでした。

2016.02.17

第二弾!

こんにちは!
最近久しぶりに船に乗りましたハマーです\(^o^)/
乗り物酔いなどはほぼしないので、結構乗るのは好きなのです(((o(*゚▽゚*)o)))
さて今回は帽子第二弾‼︎
ハマーの前の記事をさかのぼってもらうと「冬なので…。」という記事があります。
その記事でもモデルをしてくれたまるこちゃん♥
今回もこんな可愛いお帽子で登場してくれました‼︎
もぞもぞ…もぞもぞ…
DSC_0007
ちらっ|ω・)ノ
DSC_0010
タッタラ〜♫
DSC_0011
可愛い泥棒さんです*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*
まるこちゃん被ってても、写真撮っても文句ひとつ言いません。
お利口さん‼︎‼︎
この被り物はガチャポンであるらしくお母様が気になってしてみたということw
他にどんな種類があるのか気になりますね(^◇^)
このまるこちゃん実は事故で全身火傷を負ってしまい毛もまばらでしたが、
お母さんやまるこちゃん自身の頑張りにより目立った脱毛もなく、ふわふわに戻ってくれました‼︎
本当によかったです( ; _ ; )
まるこちゃん・お母様と家族の方々お疲れさまでした。
今ではまるちゃんとても元気に過ごしてくれてます。
最後にまるちゃんのサービスショットを一枚♥
DSC_0016
第三弾も期待してますw
それではハマーでした@ ‘ェ’ @

以前ブログに書かせていたことがありますが、会陰ヘルニアで膀胱が飛び出して、ひどい炎症、壊死を起こし、さらに後躯麻痺も併発したミニチュアダックスの患者さんです。

この時の膀胱がたいへんひどい状態だったのでとても心配していたのですが、たまたま今回、2年後に膀胱結石を発症した際に膀胱を肉眼で確認できる機会に巡り合いました。

 

これが会陰ヘルニア時の膀胱。
赤黒く、何かの血の塊のように見えるのが炎症、一部壊死した膀胱です(>_<)痛そう!
左隣のうすピンクの臓器は結腸です。普段は膀胱も結腸と同じような色合いをしているので、ダメージの大きさがよく伝わると思います。この時はもし今後、膀胱が腐りきってだめになったら人口尿道手術をしようとまで考えてました…..

チーズ膀胱悪いとき

二年後の膀胱です(真ん中の三角に切開しているの)
膀胱結石の炎症でやや赤みを帯びてはいますが、しっかり生きて機能しています!!
臓器の回復力ってすごいなあ(・。・;

チーズ膀胱今回2

前にも書いたことがあるかもしれませんが、会陰ヘルニアは内科で治る病気ではありません。
膀胱が脱出して尿道閉塞や今回みたいに膀胱壊死をおこすと命にかかわります。

以前セカンドオピニオンで膀胱脱出型の会陰ヘルニアを診て(飛び出してすでに4日以上経過していた)状態がすごく落ち込んでるからその日のうちに緊急手術しよう!と急いで尿道カテーテル入れて、点滴して、と頑張って準備したのですが、来院2時間後に、手術前に亡くなってしまったコーギーちゃんに遭遇したことがあります(ToT)
(もちろん高齢で麻酔のリスクが高くて、排便や排尿の状態の良い子なら飼い主さんと話し合ったうえで経過観察することもあります。あくまでも、手術可能な体力があって、ヘルニアが原因で今後命にかかわる可能性が高い方にはできるだけ根治手術をおすすめしています)

ちなみに現時点での手術させて頂いた最高齢は16歳半の、心臓病持ちの男の子です。
1年前からヘルニア脱出があり、かかりつけで手術できないと言われたが、みるにみかねた飼い主様が連れてこられた次第です。
彼は会陰ヘルニア手術(同時に精巣腫瘍も摘出)と三尖弁と僧房弁閉鎖不全の治療を始めてから、快適に排尿排便できてものすごく元気になったそうで、これからの彼のシニアライフを快適にするお手伝いができたことに誇りを感じています(^。^)y-.。o○

フルフル

 

 

こんにちは\(^o^)/

最近暖かい日が続いてますが
皆さんインフルエンザには気を付けて下さいね!
井手本は毎日うがい頑張っています(・ω<)
先日去勢手術を行った
しらすくんとモズクくんです♡
Evernote Camera Roll 20160213 131613
2人仲良くカラー生活頑張りました*\(^o^)/*
前は同じケージに入って来てたのが懐かしいです(*゚ェ゚*)
Evernote Camera Roll 20160213 131925
Evernote Camera Roll 20160213 131744
しらすちゃんがまだ幼いなぁ( ^ω^ )
成長はあっと言う間ですよね〜(´・_・`)
去勢手術も終わって当分病院に来ることが
ないので皆んなで記念撮影(っ´ω`c)♡
Evernote Camera Roll 20160213 153439
あらら?古沢先生のお顔がモズクちゃんで
隠れてしまった( ゚д゚)
いい感じに隠れてしまってますね笑
まぁこれも思い出(。・ω・。)笑
また2人仲良く時々お顔見せにきてね〜♡
看護師 いでもっちゃんでした(・ω<)

こんにちは。
河野です。
今日は飯塚パル動物病院で 一緒にお仕事をしてる方々の紹介をさせて下さい。
受付にいつもいてくれてる
陽子サン!です。恥ずかしがり屋さんですが、キレイなお顔を向けてくれました。

S__3031048

と一緒に写るのが、新しく仲間に入ってこられた 宮城 早希さんです。
宮城さんは、水巻にも来てます
お二人共、とても優しくて楽しい方々なので、いつでも声かけて下さいね〜

S__3031049

こんにちは!

先日、居候猫のゴンちゃん
爪切りをしてきました(^・w・^)

犬舎の中では
相当な甘えんぼさん..
S__24584195

でも外は少し怖いみたいで、
抱っこの時もがっしり掴んできます(´^ω^`)
我慢してくれてます。笑
S__24584196

よく頑張ったね!ありがとう
S__24584197

以上、若杉でした

寒い日と暖かい日の気温差が結構ありますね(´・ω・`)
暖房などの乾燥や気温差のせいで喉をやられてしまうスタッフもちらほら・・・

前回の企画から約半年が経ちました!
今回も前回同様に募集させていただきたいと思います!

 mainスライダー募集第二弾

募集期間は1ヶ月を予定しています!

気になった方はホームページ担当、秋永まで声をおかけくださいヽ(*´∀`)ノ

鼠径ヘルニアの術創デス。

ヒトの顔に見えます。ちょっと可愛いヽ(^o^)丿

IMG_9306

今回は右の鼠径部から子宮が飛び出ていました(>_<)
そのせいで痛くて体調を崩していたようです。手術翌日にはモリモリご飯を食べて元気に帰れて一安心。

鼠径ヘルニアは若い犬でも見かけますが、重度のものは中高齢での発生が多く、腸や内臓をくるんでいる大網、脂肪、そして女の子では子宮が飛び出していることが多いです。
そしてなぜかダックスちゃんがやたらと多い(>_<)!!
人気犬種で飼われている頭数が多いから、といってもこの多さははんぱないです。
以前にも未去勢のダックスちゃんの鼠径ヘルニア手術を書かせていただきましたが、性ホルモンの影響で筋肉靭帯が緩みだす中高齢の未去勢、未避妊のダックスちゃんたちは特にお気を付け下さい!

フルフル

 

 

月別アーカイブ