パル日記(月別一覧)

当院でできることの[腫瘍科]を更新させて頂きました!

こんにちは!ここ最近はめっきり寒いですね・・・!
先日待合室でこんな出来事が起こりました。

ばっちりカメラ目線のベルメールちゃん(*^^)vとっても可愛いですね!

DSC_0098

・・・ん?
なにやら背後に写り込んでいますね・・・?

DSC_0102

なんと!椅子の隙間からショウちゃんが挨拶に来てくれていました♪
わんちゃんも人も大好きな子なので、どうやらベルメールちゃんが気になったようです

どちらの子もわんちゃんが大好きな子なので大丈夫でしたが、中にはわんちゃんが苦手なわんちゃんもいます。
まさかこんな隙間から挨拶に行くとは思わなかったので、飼主様もお気を付け下さいね!(^^)!

 

アッキー

あけましておめでとうございます!
と最近声をかけていただいたりご挨拶させてもらったことが多かったと思います(^^)
 
2017年の1発目はやっぱり被り物シリーズでいきたかったのですがいいものがなく。。
うさぎの被り物のガチャガチャは見つけたのですが張り切って近づくと『うりきれ』と書かれてありました。。
どなたかうさぎの被り物のガチャガチャ見つけたら浦野に教えて頂きたいです(;_;)
 
 
被り物ではありませんがよくバンダナをつけてる子達をみかけますよね?
いつもつけてる子達は大丈夫だと思うのですがうちのクルくんはつけたことがなく何年か前に初めてバンダナをつけてみました。
そのバンダナの結ぶ部分が長く、余った分は首輪にくるくる巻きつけ可愛いからとつけたまま目を離しているといつの間にかその余った1部分を食べてました。。
この時は大ごとにはなりませんでしたが丸ごと食べてたりしていたらと考えると大変なことをしてしまったとその時思ったのを覚えています。
 
私の様につけたことないもの、初めてのおもちゃなど。。わんちゃん、ねこちゃんたちはとても気をつけなければなりません。
排泄物としてうまく出てくれればいいのですが最悪手術でお腹をあけなければいけなくなります(・・;)
人間の赤ちゃんは興味のあるものなどはつい口に入れてしまったりするので赤ちゃんの手が届くとこなどには口に入れてほしくないものはおいたりしませんよね?
それと同じようにわんちゃん、ねこちゃんたちがいる場所などは異物になるものは置かないようにするといいかもしれませんね(^^)
赤ちゃんもわんちゃんもねこちゃんもみんな可愛い大切な家族ですから(//∇//)
飼い主様たちの行動1つ1つで家族を守れますよ(^^)
 
 
最後に異物を食べてしまったクル君です(笑)
Evernote Camera Roll 20170117 193609
これは最近買ってあげた首輪ですがあの事があったのでこれをつけたあとは何度も何度もクルの様子を見にいきました(・・;)
歳をとったのかこれは大丈夫なのか気にする様子はなかったです(笑)
今も無事にまだ食べてません(笑)
 
以上浦野でした!

DSC_0221 DSC_0212

こんにちは〜(^-^)/
以前紹介させて頂いた ホワイトシェパードの
BEBEちゃんです。
前の時は、まだ少しあどけなさが残っていたのですが、少しずつ成長してきて
落ち着いてますね〜(^ω^)
これからの成長も凄く楽しみデス(^。^)
また、来院した時は 可愛いお顔 楽しみに待ってますッo(^_-)O
                                                河野でした。
DSC_0200

こんにちは!
痛みを感じるくらいの寒さですね・・・{{ (>_<) }}

今回は!かわいいかわいいあずきちゃんです!

DSC_0072

とってもキュート!!

人見知りも無く、スタッフも大好きです♥
病院もあまり怖くないようで、診察台の上でおやつを食べてくれるくらい余裕の表情でした(*^^)v

DSC_0055DSC_0058

診察台の上は緊張マックスの子が多く、おやつには見向きもしない子がほとんどです。

この子はまだ仔犬さんなのと、まだまだあんまり怖い思いをしてないので♪

次に来る時はまた大きくなっているんでしょうね(*^_^*)

 

アッキー

2017.01.12

\2017/

こんにちは!看護師の長冨です♪

さて、2017年になりましたね〜!

皆様お正月はどう過ごされましたか(^^)?

私は毎年恒例で祖父母の家へ行っておりました!

振り返れば昨年は大学を卒業してパルに入社してから、たくさんの方々、どうぶつさんたちとの出会いがあって、逆に別れもあってと、まだまだ未熟な私にはとても濃い1年でした。

今年はどんな1年にできるか、抱負にも挙げた「スピード感を大切に」して、皆様の力となれるよう日々努力していこうと思っていますヽ(^0^)ノ

そういえば以前ブログで飼いたい!って話をしてました。12月にハムちゃんをお迎えしました!結局ハリネズミでもなくキャンベルでもなく(笑)パールホワイトなのですが、可愛くってつい…(*´ェ`*)

スージー(通称すじ)ちゃんです(^^)

evernote-camera-roll-20170105-232015

2017年もすじ共々、宜しくお願いいたします(._.)!

ながとみ

何故にフルサワが整形外科の患者さん紹介を?と思われたかもいるかもしれませんが、実はこの子、以前もブログに出させていただいたマルチーズのはなちゃんです♡
先代のモモちゃんの時からの付き合いなので、今も引き続き担当医してますが、そろそろ避妊手術しなくちゃね~と毎月検診していたら、ちょっと膝に違和感が(>_<)
まだ1歳になってませんが急速に膝蓋骨内方脱臼が進行してしまい(しかも両側(ToT))院長にお願いして手術していただきました。

手術直後のはなちゃん♡入院中もかまって甘えんぼさんでした♡

img_7078

 

1週間検診の様子♡

img_1926

術後1か月の様子です♡もう膝の屈曲、伸展も十分にできるようになりました。
皮膚の薄いデリケートな子なので、膝をかんだりなめたりしないように皮膚保護服をきていただいてます。アトピーの子に使うお洋服ですが、術後の膝を気にする子にも使うことがありますヽ(^。^)ノ

img_1973img_2004

そういえば、先代のモモちゃんもこの場所でよく写真撮ってたなあ(ToT)/

img_1984

フルフル

遅くなってしまい、大変申し訳ありません。
1/5、1/19は全体会議のため、1/12、1/26は半日手術集中日のため午後は休診とさせて頂いております。
1/20~1/22は二宮先生、1/28~1/29は古沢先生が学会出席の為不在となります。ご了承下さい。

遅くなってしまい、大変申し訳ありません。
1/5、1/19は全体会議のため、1/12、1/26は半日手術集中日のため午後は休診とさせて頂いております。
1/20~1/22は二宮先生、1/28~1/29は古沢先生が学会出席の為不在となります。ご了承下さい。

※クリックすると拡大します

獣医師出勤表1月

明けましておめでとうございます。
新年早々、いきなりがんの子のお話です★
ナニ恐ろしいものを載せとんのじゃ(;一_一)とツッコミが入りそうですが、年末最後の診察でお会いしたときに、がんが取り除けていいお正月を迎えれそうですと飼い主さんと一緒に大喜びしたので今年初めての自分のブログに書かせて頂きました。

15歳近い高齢で、肛門周囲腺癌の手術を頑張っていただいた子です(^。^)y-.。o○

※血が苦手な方はここから先は見ないほうがいいかもです。

img_1459

お尻がぼこぼこして血まみれなのがお分かりでしょうか?
実はこの腫瘍、肛門の10時と2時方向にできたでっかい腫瘍が破裂して出血しているのです

img_1462

近寄ってみるとこんな感じ(>_<)
高齢なのでかかりつけ医で手術しない方向で、といわれてずっと治療されていたそうですが、常に部屋中血まみれ、おしり痛そうで何とかならないでしょうか?とセカンドオピニオンを求めて来院されました。
肛門周囲腺癌や腺腫は高齢の男の子(特に未去勢の)に多い疾患です。
残念ながら治療は外科手術(腺腫だけなら精巣摘出でもある程度効果があります)しかなく、内科治療にはほとんど反応してくれない疾患です。止まらない出血とジュクジュクはわんちゃんにとっては本当に不快なものでしょうし、腎臓や心肺機能が丈夫ならぜひとも外科治療ですっきりさせてあげたいところです。ちなみに今までに自分がこの癌で手術させて頂いた最高齢の子は19歳でした….

今回の場合は腫瘍のサイズがかなり大きく肛門括約筋に腫瘍が食い込んでる可能性もあったので、術後に傷がくっつきにくい可能性もありどうしようか悩みましたが、来院された時点でかなり貧血が進行していたのでもう待たない方がいいでしょうとの判断で手術させて頂くことになりました。

まず左の腫瘍

img_1463

次に右の腫瘍

img_1465

この左右ふたつが肛門周囲腺癌でした。もうひとつお尻の下に小さな腫瘍があったのですが、そちらは腺腫でした。

実はここからがまた大変だったのですが、とても傷の治りが悪い(>_<)

もともと肛門周りは便からの汚染菌が多く治癒が一筋縄ではいかないことも多いのですが、上手くいけば3日ほどで退院させたかったのですが、しっかり傷が落ち着くまでお母さんにお願いして預からせていただきました。
治癒過程はこんな感じ(いちばん状態が落ち着かないときの画像撮り損ねてます(;一_一)

img_1475

img_1583

ここまで来たら一安心ですヽ(^o^)丿

心配していた術後の排便障害もなく、今は肝臓と甲状腺の治療の経過観察に来ていただいている状態です。飼い主さんも本人も、笑顔でお正月が迎えられて本当に良かったです♡

img_1692

フルフル

 

 

月別アーカイブ