高度専門医療

PAL動物病院グループだからこそ提供できる
エキスパートを結集したチーム獣医療

PAL動物病院グループの
高度専門医療の特徴

  • 整形外科

    整形外科

    整形外科

    整形外科は骨、関節、筋肉、靭帯など運動器の機能の改善を目指す外科分野です。他の手術と比べて、器具種類や扱いが異なるため、院内でその分野に精通する獣医師、動物看護師で構成した整形部を作っています。このチーム獣医療で、月平均20件の依頼症例を含めた整形外科手術を行っています。また、最新であり国際基準に則った医療を提供するため、院外教育にも積極的に参加しています。

  • 腹腔鏡手術

    腹腔鏡手術

    腹腔鏡手術

    近年、獣医領域においても腹腔鏡を用いた手術が多く見られるようになりました。そのメリッ トとしては傷口が小さく、痛みが少ないため動物の機能回復が圧倒的に早い点が挙げられます。 腹腔鏡の手術においては、術者の熟練した手技や知識、専門設備が必要になりますが、当院ではそれらを兼ね備え、避妊手術をはじめとして、臓器生検、結石摘出手術など様々な手術に対応しております。

  • CT

    CT

    CT

    現在、動物病院でもCTスキャンができる施設が増えてきており、CT検査がよりスタンダードな 検査になってきました。その先駆けとして、当院では2015年3月より16列ヘリカルCTを導入し、 大学や専門施設で学んだ獣医師が撮影、読影を行なっています。現在では、年間300件ほどの 症例のCT検査を行なっており、病気の診断や手術支援や緊急疾患のトリアージなど様々な分野において活躍しております。

  • 腫瘍科

    腫瘍科

    腫瘍科

    近年の報告において「がん」は犬猫の死因のトップになっており、日々の診察においても腫瘍性疾患の患者様がたくさん来院されているのが現状です。当院では、経験豊富な獣医師が外科療法や化学療法を駆使し、根治治療、緩和療法、支持療法などそれぞれの患者様に合った適切な治療を丁寧に行なうことで、動物さん達はもちろんのことオーナー様の心も救える獣医療を実現しています。

  • 麻酔科

    麻酔科

    麻酔科

    痛みを伴う処置をする際、可能な限り患者さんの苦痛や不安をなくすために麻酔という手段は存在します。しかし麻酔は通常生きている状態から、生命活動を下げる行為になります。そのため麻酔医は麻酔中の生体をできる限りコントロール下に置く必要があります。その上で麻酔薬の選択や使用の仕方を見極めていきます。当院では麻酔のリスクを減らすためにマルチモーダル麻酔をおこなっています。また、さまざまな状態に対応できるように、麻酔専門医との連携ができるようになっています。

症例紹介

  • 症例

    症例症例

  • 症例

    症例症例

  • 症例

    症例症例

  • 症例

    症例症例