看護師日記

朝晩は涼しく昼間はぽかぽか陽気と人も動物さんたちも過ごしやすくなってきましたね✨ですが季節の変わり目、飼い主の皆様、そしてわんちゃんねこちゃんは体調崩されていないでしょうか?
こんにちは、動物看護師の黒瀬安寿加です😊
 
今日は、当院で4月末まで行っていた「デンタルキャンペーン」を受けに来てくれたマロンちゃんをご紹介したいと思います✨
マロンちゃんは2年ほど前に歯のクリーニング(スケーリング)を受けて、その後のお口の中の状態が気になるとのことで先生と一緒にお口のチェックを頑張ってくれました。ご自宅では全く歯磨きなどのケアを行っていないとのことで、状態が少し心配でした。が😳😳!!!
 
こちらマロンちゃんの歯科検診報告書です!
ご覧下さい、診断書に「Good!!!」の文字が!コメント欄にも「すごくきれい!」とあります!!驚くほどきれいなお口に、診察をしていた先生も私もびっくりでした😳✨
 
人間の口腔内の歯垢(食べかす)は1週間ほどで歯石に変わるのに対し、動物さんの歯垢はたった3日ほどで歯石に変わっていきます。また、毎日歯磨きをする人間と違い多くの動物さんたちはお口のケアをしていないことがほとんど・・・。今回のマロンちゃんの様に、お口のケアをせずにぴっかぴかの歯!を維持できる子は極少数なのが実際のところなのです。
 
今このブログを読んで下さっている飼い主様の隣にいるわんちゃんのお口の臭い・・・気になりませんか? 
「気になるけど、うちの子は口を触ると嫌がる」
「毎日歯磨きをする時間がない」
「そもそも歯磨きなんて必要?」
 
こういった相談を受けることも少なくありません。
歯垢や歯石の中には数え切れないほどの細菌たちが潜んでおり、お口の臭いの原因になります。さらに悪い歯をそのまま放置し悪化すれば歯の根っこが溶けてお顔に穴が開いてしまう!なんてことにも😔・・・・。
最悪の場合、歯の病気が肺や心臓、肝臓、腎臓など全身の臓器に悪影響を及ぼすことだってあるのです🌀
余談ですが、こんなお話をすると、「うちの子とキスできなくなるわー」なんておっしゃる飼い主様も。うーごめんなさい😭💦
 
話が逸れましたが、まずお口の中の状態を知ることで年齢や生活環境を考慮したその子に一番適したケアを!飼い主様と一緒に見つけていく第一歩になればいいなと思っています☺🍀
(例えば、口を触ると噛みつく子にはわんちゃん専用の「おいしい歯磨き粉をなめる」ことからスタートしてみたり。お時間がない飼い主様には、「食後の歯磨きガム」を試していただいたり)
当院には、気軽に相談できるスタッフと色々なアイテムがそろっていますので愛犬のお口のお悩み、お気軽にご相談下さい😊
今回協力して下さったマロンちゃんと飼い主様、ありがとうございました🍀
黒瀬

月別アーカイブ