獣医師日記

腎不全という病気について紹介します。
腎不全とは腎臓の機能が低下してしまっている状態です。
腎臓の機能は簡単に言うと、尿を作ることです。これが様々な理由により、出来なくなります。
それは、先天的(生まれつき)であったり、加齢に伴う変化であったり、中毒性、高血圧性、
結石性、腫瘍性、感染性など様々です。
この病気を発見するためには、尿検査や、エコー検査、尿中アルブミン検査、血圧測定などを駆使して
診断していきます。
この病気で大切なのは、治らないということです。
イコール、何もすることが出来ない訳ではありません。
今より悪化させないよう、残っている腎機能を大切に温存していくよう最善を尽くします。
その方法のなかで、当病院では水素水を使います。水素水は体の中の活性酸素を、
取り除くのに大変有効です。もう一つの利点は副作用がないと言うこと。
実際使用してみて、大変有効性を感じます。興味がある方はぜひスタッフに相談して下さい。
自分が飼っている猫は、生後1ヶ月より腎不全を抱えています。定期検診は欠かせませんので
先日行いました。
                                                                      二宮
DSC_5742.jpg

腎臓検査にの一部です。

腎臓のエコー検査(腎臓の血管抵抗の測定)

DSC_5757.jpg

尿中アルブミン検査機器

DSC_5754.jpg

月別アーカイブ